キューピー神戸工場の住所と地図!アクセスや駐車場、近隣スポットも紹介

      2017/10/06

2017年5月1日にグランドオープンするキューピー神戸工場。

この工場ではキューピーのマヨネーズやドレッシングを作る過程を見学できます。

関西地方では、もともとは伊丹工場があり、伊丹工場で工場見学が行われていたのですが、伊丹工場を閉鎖しての神戸工場オープンとなるので、伊丹工場へ行きたかったけど、行きそびれてしまった人にはとくに神戸工場のオープンは待ちに待ったものなのではないでしょうか。

ここでは、キューピー神戸工場へ行く方、行きたいと考えている方に、神戸工場の場所や地図、そして駐車場情報などをお知らせしていきます。

また、キューピー神戸工場へ行ったついでに寄りたいおすすめのスポットも合わせてご紹介していきます。

キューピー神戸工場の場所と地図は?

 

今までは兵庫県伊丹工場で工場見学ができました。

伊丹工場が閉鎖され神戸工場がつくられた理由は、最新技術の導入で高品質化のためです。

神戸工場所は、神戸市東灘区の工場地帯にあります。

キューピー神戸工場へのアクセス方法は?

キューピー神戸工場からは送迎バス等が出ていないので、お出かけには公共の交通機関や自家用車を利用しましょう。

電車の場合

JR「芦屋駅」から車で約10分
阪急電鉄「芦屋川駅」から車で約10分
阪神電車「深江駅」から車で約5分(徒歩25分)

最寄り駅から距離が少しありますので、できれ阪神電車の深江駅で下車して歩くのが楽です。

JRの芦屋駅や、阪急の芦屋川駅で下車する場合は、徒歩40~50分かかってしまうためお子さん連れではあまりおすすめではありません。

タクシーを利用するほうがいいでしょう。

車の場合

阪神高速5号湾岸線「深江浜出口」から約2分
阪神高速3号神戸線「芦屋出口」から約12分

駐車場情報

車で行く場合、気になるのが駐車場ですよね。

キューピー神戸工場は、駐車場完備となっています。

12台スペースがあり、見学者は無料で利用できます。

スポンサードリンク

キューピー神戸工場と一緒に楽しみたい近くのオススメスポット3選

ちくわ・かまぼこ手作り体験施設 てっちゃん工房

キューピー神戸工場から車で15分程の場所にある「ちくわ・かまぼこ手作り体験施設 てっちゃん工房」。

名前のとおり、ちくわやかまぼこの手作り体験ができるカネテツデリカフーズの施設です。

予約は前日まで受け付けているのもポイント。

せっかく神戸まで行くのに、他に予定は決めていないという場合はぜひ。

時間が10時~・12時~・14時30分~と3パターンありますので、キューピー神戸工場の見学の前後にどうぞ。

所在地 兵庫県神戸市東灘区向洋町西5-8
営業時間 09時30分 ~ 16時30分
体験時間 10:00~/12:00~/14:30~
公式サイトはこちら。 

神戸市立小磯記念美術館

緑豊かな六甲アイランド公園内にある「神戸市立小磯記念美術館」は、神戸出身の日本を代表する洋画家の作品が約2400点展示してある美術館です。

六甲アイランドの広大な芝生公園の中にあるので、貴重な美術品を鑑賞した後は、ロビーや喫茶室もあるので、美しく手入れされた中庭を眺めながらくつろぎのひとときも過ごせます。

営業時間 10時00分 ~ 17時00分(入館は閉館30分前まで)
定休日 月曜日
公式サイトはこちら。

スポンサードリンク

住吉川清流の道

東灘区のほぼ中央にある「住吉川清流の道」は、六甲山最高峰付近から湧き出る水が多くの渓流となった河川敷にある遊歩道です。

夏には、親子で水遊びができる、親子水辺フェアも開催され、六甲山の綺麗な水で水遊びもできます。

遊歩道で、風景を望みながらゆっくりと散策するのもリフレッシュできていいですよ。

公式サイトはこちら。

まとめ

関西方面の旅行のプランに組み込むもよし、関西地方に住んでいる方がちょっとおでかけするにもよし。

キューピー神戸工場の工場見学はとてもおすすめのスポットです。

どうせお出かけするなら、もうその知覚で1つプラスしてみるのもいいですよ♪

キューピー神戸工場の工場見学詳細はこちら。

 

 - 便利情報関連