カインとアベル第6話7話8話9話ロケ地はココ!人が泳ぐバーや峯ヶ崎のホテルなど

      2017/05/20

フジテレビ系月9「カインとアベル」(カイアベ)。

11月21日放送の第6話、11月28日放送の第7話、12月5日放送の第8話、12月12日放送の第9話のロケ地・撮影場所を調べました。

第6話 ロケ地はココ

人が水槽で泳いでいたお店はココ

黒沢(竹中直人)が優を呼び出したお店。

六本木 FUSION

実際にこのお店はドラマの中のように、水槽で人魚が泳いでいるのが売りのようです。

ドラマの中では、外が明るいうちにお店が開いていましたし、個室バーのように見えていましたが、実際は、高級クラブとなっています。

公式サイトはこちら。

スポンサードリンク

ドレスの試着をしていたお店はココ

隆一と結婚式の準備で訪れたお店。

ドレスの試着をした梓、キレイでした。

innocently PREMIUM Tokyo

このビルの2階が受付となっています。

公式サイトはこちら、

桃子と宗一郎が会っていたレストランはココ

桃子(南果歩)と宗一郎(寺尾聰)が会っていたお店。

銀座 花郷

京懐石のお店です。

ステンドグラスや生演奏、と和のお店では珍しい演出が売りです。

高級感あふれる空間で食事が楽しめます。

食べログ店舗詳細ページはこちら。

峯ヶ崎のホテルはココ

「峯ヶ崎」という場所を優たちはホテルの建設予定地に選んだのですが、峯ヶ崎は実在しているわけではありません。

峯ヶ崎の建設予定地近くのホテルに宿泊した優と梓、このホテルはココでした。

湘南国際村センター

湘南国際村センター詳細ページ(楽天トラベル)

ホテルの建設予定地はココ

海が見える絶景の丘の上…

千代ヶ崎砲台跡

こちらが撮影で使われているものの、一般的には入ることができません。

立入禁止となっています。

第7話 ロケ地はココ

スポンサードリンク

バーはココ

プレゼンの1日目を終えて、梓と優が反省会をしながら飲んでいたバー。

ホテルの中のバーという設定だと思われますが、このバーは実際こちらでした。

EDITION AOYAMA

バーとして営業しているのではなく、イベント・クラブスペースです。

その一角のラウンジスペースを利用して撮影されています。

公式サイトはこちら。

第8話 ロケ地はココ

12月5日放送の第8話。

黒沢が隆一を呼び出したお店はココ

このお店は第4話で桃子が黒沢を、高田家の人々に紹介したお店と同じです。

第4話ロケ地でご紹介しています。

披露宴会場はココ

隆一が泣いていたのは披露宴会場。

(教会は第5話ロケ地でご紹介しています)

ハイアットリージェンシー東京

撮影に使われたのは、B1のクリスタルルームという会場です。

公式サイトはこちら。

第9話 ロケ地はココ

蕎麦屋さんはココ

大田原と優が初めて会った日のお蕎麦屋さん。

神田まつや

明治17年創業の老舗です。

食べログ店舗詳細ページはこちら。

公式サイトでは、お蕎麦(乾麺)のお取り寄せもできますよ。

公式サイトはこちら。

葉山の海沿いの道(隆一が梓に再プロポーズした場所)はココ

梓が2回目に隆一に会いに行った日。

貴行からの万年筆を置いて去っていった梓を隆一が追いかけ、追いついて、話していた海沿いの道路はココ

神奈川県横須賀市芦名1丁目の芦名漁港付近の海沿いの道です。

再プロポーズシーンは、夕焼けの時間と重なってとってもキレイでした。


カインとアベル第1話ロケ地はこちら

カインとアベル第2話3話4話5話ロケ地はこちら

カインとアベル最終回ロケ地はこちら

カインとアベル関連記事はこちら

 - ドラマ関連, TV・CM・エンタメ, カインとアベル, 2016秋ドラマ