本田翼の髪型!奥様は取り扱い注意のボブのオーダーとセット方法と美容院情報

   

本田翼さんといえば、ショートボブ!

なのですが、2017年秋現在の本田翼さんの髪型は、今までとはちょっと違うんですよね。

毛先重めの切りっぱなしボブにチェンジして、今までのひし形ボブと比較すると女の子っぽい印象になりました。

切りっぱなしはトレンド要素でもあり、今までとそんなに長さは変わらないのですが雰囲気はガラリと変わります。

今まではストレートでナチュラルなヘアスアタイルが基本だったものの、最近は少し巻いてみたりもしていますね。

今回は、そんな現在の本田翼さんの「奥様は、取り扱い注意」でのボブ(ミディアムボブ)ヘアについて、現役美容師が解説していきます。

オーダー方法、セット方法、アレンジの巻き方などもりだくさん。

また、実際に本田翼さんが通う美容院と担当美容師さんの情報もお伝えしますよ。

本田翼の「奥様は取り扱い注意」の髪型はコレ

奥様は取り扱い注意では、佐藤京子という奥様役を演じていて、既婚者の役どころです。

ふんわりナチュラル系の女子から絶大な指示を得る本田翼さんですが、今回のドラマでファン層がさらに広くなるのではないでしょうか。

本田翼さんの今回の髪型はショートボブというには少し長め、ミディアムボブというには少し短いくらいのヘアスタイル。

特徴は毛先のぱっつん感。

切りっぱなしのボブをベースにしています。

スポンサードリンク

本田翼の髪型 オーダー方法

カット:バック

顎ラインのボックスカットになるように切りっぱなしでカットします。

段が入らないように抑えながらカットすることがポイント。

下から長さを設定していきBOXのラインになるようにラインを作っていきます。

特に耳周りは前上がりになりやすいので気をつけてください。

ミドル、トップと進んでいくにつれて頭の丸みで段がつきやすいのでアンダーのカットラインに被さるようにしていきます。

カット:サイド

耳後ろのラインをガイドにしてカドを取らないようにカットしていきます。

耳上のラインは耳のラインで軽くなりやすいためやや前下がりでカットラインを調整していきます。

ボックスラインで顎下に長さが来るように真っ直ぐカットしてください。

ドライすると長さが短くなりやすいのでやや長めにしていきます。

カット:トップ

サイドとバックトップを真上に引き出して整えるようにカット。

段を入れるのではなくチェックする程度に。

カット:バング(前髪)

眉ラインでカット 黒目幅を眉ラインでカットして目尻までは目の周りに沿うように長さを残しながらカットしていきます。

カット:毛量調整

毛量や髪質などによって変えていきます。

アンダーの癖は強く出やすいので癖が出にくいように毛量調整をしていきます。

ミドルラインは毛量がたまりやすいので間を間引きながらまとまりを出していきます。

段が入らないように軽くしすぎないようにしてください。

サイドはハチ周りはボリュームダウンする様に毛量調整を。

バングは間にすき間を作る様にカットを入れてぱっつん感が出ない様に毛先が動きやすくカットをし、毛先は柔らかい印象になるようにしなじませます。

スポンサードリンク

カラーリング

切りっぱなしボブの特徴を生かすため艶感のあるカラーリングをおすすめします。

本田翼さん本人のカラーは、9lvのチョコレートブラウン系カラー。

他にもこのスタイルにおすすめのカラーがありますのでご紹介していきます。

グレージュカラーリングで艶感と透明感を

カラー参考画像

ベージュ系のカラーリングでふんわり感と柔らかさを

カラー参考画像

スポンサードリンク

スモークグレーで大人っぽく

カラー参考画像

ベージュアッシュで深みと艶感を

カラー参考画像

暗めのカラーリングで大人っぽく

暗めカラーでも、地毛との違いは、光に当たったときの透明感。

↓引き続き2ページ目では、パーマのオーダーや、セット方法、アレンジ方法、行きつけ美容院情報をお伝えしていきます。

ページ: 1 2

 - 2017年秋ドラマ, 奥様は、取り扱い注意, ドラマ関連, TV・CM・エンタメ, ファッション関連