大西礼芳はサックス経験ありで演奏してる?高校や大学、彼氏も調査

   

TBS系日曜21時「ごめん、愛してる」にサックス奏者・古沢塔子(ふるさわとうこ)役で出演している女優さん、「誰?」と気になっている人も多いのではないでしょうか?

そして、天才サックス奏者ということで、演奏シーンも多く、「本当に演奏してるの?」というところも注目されています。

今回は、そんな古沢塔子役を演じている女優さんについて迫っていきますよ。

大西礼芳(おおにし あやか)プロフィール

出典:TBS

  • 生年月日:1990年6月29日
  • 出身 三重県伊勢市
  • 身長 160cm
  • 趣味 映画鑑賞、音楽鑑賞、楽器演奏、読書、絵を描くこと。
  • 特技 日本舞踊、英会話、映像編集、サックス、ピアノ、水泳、剣道
  • 資格 英検2級、書道7段、日商簿記検定2級、全商情報処理検定1級、全商簿記検定1級、全商英語検定1級

スポンサードリンク

大西礼芳さんの出身高校、大学は?

大西礼芳さんのプロフィールでちょっと驚くのが、「資格」です。

情報処理検定、全商簿記検定、全商英語検定が1級?!

しかし、大学は京都造形芸術大学の映画学科俳優コースということなので、資格は大学に入る前に取得したと思われます。

これらの資格から考えられるのは、もしかして商業高校?

ということで、大西礼芳さんの高校について調査してみました。

大西さんの公式プロフィールには、出身高校については書かれていません。

しかし、ご自身のツイッターに高校時代の写真が掲載されていました。

吹奏楽部の仲間と新年会をした時のもののようです。

  • Twitterの制服
  • 三重県出身
  • 資格の多さから商業高校

これらのヒントから「三重県立宇治山田商業高等学校」ではないかと推測されます。

Twitterのコメントに「山商の制服」ともあります。

三重県立宇治山田商業高等学校は地元では「山商」と称されていますから、高校は、三重県立宇治山田商業高等学校だったことはほぼ確定と言えます。

それにしても高校時代のパッツンヘア、かわいいですね、最近は前髪の長いヘアスタイルばかりでクールで大人な印象ですが、前髪有りも似合っていますよね♪

スポンサードリンク

略歴・主な出演作品

  • 2009年、京都造形芸術大学映画学科俳優コースの1回生の時に、同学科のプロジェクト「北白川派映画芸術運動」の第二弾として製作された映画『MADE IN JAPAN 〜こらッ!〜』で演技未経験にもかかわらず、ヒロイン・杉田雛子役に大抜擢され、女優・松田美由紀とともに主演をつとめあげた。これが芸能界入りのきっっかけとなる。→映画の公開は2011年。
  • 2014年 ゴールデンボンバー  PV「101回目の呪い」
  • 2014年 NHK「花子とアン」畠山鶴子役
  • 2015年 NHK「花燃ゆ」うの役
  • 2016年 NHK「真田丸」侍女・寸役
  • 2017年 NHK「べっぴんさん」  寺田明日香役
  • 2017年 日本テレビ「フランケンシュタインの恋」玉名瑠以役
  • 2017年 TBS「ごめん、愛してる」古沢塔子役
  • 2017年 秋公開予定 行定勲監督映画「ナラタージュ」
  • 2018年公開予定 瀬々敬久監督映画「菊とギロチン-女相撲とアナキスト-」

大西礼芳の演技力は?

大西さんの大学は、京都造形芸術大学です。

この大学の映画学科には、映画製作コースと俳優コースがあり、大西さんは俳優コースを卒業しています。

俳優コースでは、4年生になると映画製作を行います。

大西さんは映画学科のプロジェクト「北白川派映画芸術運動」の第二弾として製作された映画「MADE IN JAPAN 〜こらッ!〜」で1回生の時に大抜擢されて主演を務めました。

学内オーディションで主演に選ばれていますが、監督の高橋伴明氏は大西さんのことをこのように語っていました。

「私は彼女が1年の時から目をつけていた。今はやりの顔じゃないので彼女なら大丈夫だと思った。」

そして、松田美由紀さんなどプロの俳優との共演だったにも関わらず、
「結構渡り合っていて遜色なかった。」
とも当時の大西礼芳さんを絶賛しているのです。

演技を学んでいる同じ大学の学生たちの中でもとびきりだったその演技力は伊達じゃありません。

しかし…

大西礼芳さんはその後、出演作品はそれなりに多いものの、デビュー以降、単発の出演や小さい役が多く、地上波のゴールデン・プレミアム枠のドラマのレギュラーはなかなかありませんでした。

これは、やはり、演技力には光るものがあるものの、流行りの顔ではないこと、などが関係しているもかもしれません。

しかし、そんな中NHKの朝ドラや大河ドラマに出演していることなどから、その演技力は評価されていたことがわかります。

スポンサードリンク

急激にお茶の間に対しての露出が増えているのは、本当にごく最近、2016年、2017年くらいから。

「べっぴんさん」で存在感をアピールし、「フランケンシュタインの恋」では、綾野剛さん演じるフランケンシュタインがお世話になる工務店でお世話をしているどこかお色気な女性役を演じ、レギュラー出演し注目をあつめました。

正直なところ、大西礼芳さんが流行りの顔ではないなんて、言ってみても、宣材写真などの大西礼芳さんよりも、ドラマで見る大西礼芳さんのほうがフェミニンでキレイですよね。

クールビューティーな見た目と女っぽい声のバランスが素敵。

なんだか、写真だと損してる…と思ってしまうのですが…。

「ごめん、愛してる」では、さらに大きな重要な役どころですから、これはもうブレイク確実、そして、「ごめん、愛してる」が大西礼芳さんにとって大事な作品になることは間違いありません。

「ごめん、愛してる」で大西礼芳はサックスを実際に演奏しているのか?

大西さんは、高校時代に、吹奏楽部でサックスを担当していました。

高校時代だけでなく、大西礼芳さんは13歳から7年間吹奏楽部や市民ブラスバンドでサックスの経験を積んでいます。

中でも中高生のころは、本当にサックスに夢中だったとのこと。

サックスの経験がある、という程度ではなく、プロフィールの特技にもサックスの記載があるくらいですから、その腕前はかなりものなんです。

ということで、大西礼芳さんの「ごめん、愛してる」の中でのサックスの演奏は、実際に演奏しているもの、ホンモノということになります。

サックスを演奏する姿、とってもかっこいいのですが、実はピアノも特技な大西礼芳さん。

ピアノシーンも見てみたいものです。

スポンサードリンク

大西礼芳さんの熱愛彼氏は?

大西礼芳さん、熱愛中の彼氏はいるのでしょうか?

注目株だけに気になるところです。

しかし、今のところ噂になっている彼氏はいないようです。

熱愛彼氏がいなかった、ということではなく、女優さんとしての注目度がそこまで…だったので、マスコミなどが張り付いていなかっただけで、実は彼氏さんが普通にいたけれどスクープされていない、という可能性のほうが高いでしょうね。

今後は女優としての注目度とともに、週刊誌などに狙われることも多くなるでしょうから、熱愛のお相手が話題になる日も近いかも?

まとめ

一見派手さは感じられませんが、芯の強さが演技の端々に感じられる大西礼芳さん。

趣味や特技を見ると、今までいろんな感性を磨き、ジャンルにとらわれずにいろんなことにチャレンジしてこられたことがわかります。

大学で培った演技の源となる経験や、幅広い趣味や特技が、「ごめん、愛してる」だけでなく、今後の仕事で活かされていくことが予想されますよね。

地道に経験を重ねて、その実力を徐々に認められてきている大西礼芳さん。

いろんな役柄を演じることができるだろうという可能性をものすごく感じる女優さんです。

今後の活躍に、期待しかありません。

↓韓国版「ごめん、愛してる」を日本語字幕つきで見るならdTV↓

 - ドラマ関連, TV・CM・エンタメ, 2017夏ドラマ, ごめん、愛してる