喪服はアクセサリーなしでOK?ピアスやネックレスなしはマナー違反? | きらりんぐEYES

喪服はアクセサリーなしでOK?ピアスやネックレスなしはマナー違反?

   

訃報は突然やってきます。

ある程度の年齢の方であれば、弔事に参列する際の喪服やアクセサリーをいざというときのために用意されている方が多いでしょうが、社会人になって間もないくらいの若い年代の方は、参列する機会もそれほどなく、まだ揃えていない方も多いのはないでしょうか。

学生のときは制服で参列可能ですし、制服のときはノーアクセサリーで問題ないのですが、いざ喪服を着ることになると、アクセサリーのマナーも必要になってきます。

なんとなく、喪服には真珠…というイメージがあっても、細かいマナーまでは知らない方も少なくないでしょう。

ここでは、喪服時のアクセサリーのマナーについて、お伝えしていきますね。

喪服にアクセサリーは必要?なしでもOKなの?

お葬式=地味な装いというイメージだけど、アクセサリーは着けてもいいの?

と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

派手なものがNGなのはなんとなくわかっていても、どの程度までOKなのか、また、なしでも問題がないのか、細かいマナーを確認していきましょう。

喪服には和装と洋装の2種類があります。

喪服時のアクセサリーについての認識も、和装と洋装で違っています。

和装の場合

和装の場合はアクセサリーを身に着けないことが基本とされています。

例外として、結婚指輪と婚約指輪の2種類だけはOKとされています。

元々日本は和装の文化であり、和装時にはアクセサリーを身に着ける習慣がありませんでした。

現在は、和装時、アクセサリーは着けても良いが必ずしも必要なものではないとされています。

つまり、和装の喪服の場合は、アクセサリーを着けていないからといってマナー違反になるわけではありません。

洋装の場合

洋装の場合は、アクセサリーを身に着けることが正装とされています。

喪服時は、真珠のネックレスを着けるのが一般的です。

洋装文化は欧米から入ってきたものでアクセサリーなしでは失礼という考えがベースにありますから、アクセサリーを身につけるほうがマナーとしては正しいとされています。

しかし、日本での喪服の洋装時は、必ずしもアクセサリーが必要で、アクセサリーなしがマナー違反というわけではありません。

日本の喪服時は、華美ではない地味な装いがマナーとされるため、アクセサリーで必ずしも華やかにする必要はないという考え方もあります。

アクセサリーを身につけるとしても、華美になりすぎないようにするのが大切です。

このあたりは地域によっても考え方がかわってきますので、同じ地域の年配の方に相談してみるのが一番です。

スポンサードリンク

喪服時のアクセサリーのマナー

アクセサリーを身につけるとして、そのときの宝石やデザインのマナーを解説していきます。

指輪

洋装時でも、結婚指輪と婚約指輪のみOKです。

ファッション性やデザイン性を重視した指輪は控えましょう。

ネックレス

弔事で身に着けるアクセサリーは真珠のネックレスが一般的です。

「真珠は涙の象徴」とされ故人への追悼の意をあらわします。

イギリスのエリザベス女王がチャーチル元首相の葬儀で真珠のネックレスを身に着けたことをきっかけに一般の人にも広まりました。

真珠のネックレスのルール
  • 一連のもので長さ40cm前後
  • パールの粒は大き過ぎないもの(7〜8mm程度)
  • 色は白・黒・グレー

パールのネックレスであっても、二連や三連のものは不幸が重なるとされ不適です。

また、長いものは悲しみが長引くことを連想するので不適です。

真珠の粒が大き過ぎると必要以上に派手になってしまうので不適です。

イヤリング(ピアス)

真珠のイヤリング(ピアス)のルール
  • 土台に真珠が一粒のシンプルなもの
  • 金具の部分はシルバーやホワイトゴールド

基本は一粒ピアスで、デザイン性のないものです。

真珠のイヤリング(ピアス)であっても、デザイン性のあるもの、吊り下がった揺れるデザインは不適です。

金具部分は、派手にみえてしまうゴールドは不適です。

喪服時のアクセサリーは、ネックレスとイヤリングまたはピアスがセットになって売っている場合が多いですが、両方着けてしまうと華やかになり過ぎたり、準備万端な印象を与える場合があるので注意が必要です。

ネックレスのみでイヤリング(ピアス)はなしでも特に問題はありません。

ヘアアクセサリー

喪服時は髪の毛はすっきりとまとめるのが基本です。

このときのヘアアクセサリーは基本的になしでもOKです。

地味な飾りのないヘアゴムでシンプルにまとめるだけでも問題はありません。

バレッタなどをつかう場合は、色は黒で光沢も飾りもないシンプルなものにしましょう。

真珠以外でOKな宝石は?

弔事には真珠が相応しいとされており、一般的ですが、他にもOKな宝石はあります。

ジェット・黒曜石・オニキスなどは喪服時に身に着けてOKなです。

特にジェットは故人を追悼するために身に着けるモーニングジュエリーの一つです。

スポンサードリンク

弔事で使えるアクセサリーのおすすめ

アクセサリーはそれなりにお値段がはるので、喪服や小物類と一緒に一式揃えるとなると少しためらう部分もあるかもしれません。

しかし、ここは大人の女性の身だしなみとして、1セット持っておくことをおすすめします。

弔事用のアクセサリーは流行に左右されないシンプルなものですので、一生モノになります。

真珠のネックレスとイヤリング(ピアス)のセット


【12%OFFクーポン配布中】【送料無料】真珠 とっても綺麗なアコヤ本真珠(あこや真珠)ネックレス7.5mm&ピアスorイヤリング贈り物にあこや真珠! ネックレス necklace パ-ル pearl

ジェット ネックレスとイヤリング(ピアス)のセット


天然ジェット 選べる ピアス イヤリング 8ミリ 8mm珠 ネックレス マグネット式 黒 喪 ブラックフォーマル アクセサリー フォーマルジュエリー レディース 天然石 ネックレス+イヤリングorピアス天然ジェット2点セット [jet-2s]

ヘアアクセサリー

シニョンが苦手な方でも、ネットをつかえばかんたんにコンパクトなまとめ髪にできます。


メール便OK!【シニョンネット 3個セット】ベーシックタイプ[シニョン お団子 ネット 黒 ブラック お団子ネット 就活 冠婚葬祭 おだんごヘア 業務用 ヘアゴム ヘッドアクセ ヘアアクセサリー 髪飾り][MBL]20170418

まとめ

弔事の際は、喪服のマナーはもちろんのこと、アクセサリーにも気をつけないと礼節を知らないと思われ恥ずかしい思いをしてしまいます。

今回お伝えしたのは一般的なマナーですが、地域や家庭によっても捉え方が違う部分がありますので、一度確認しておくことをおすすめします。

 - ファッション関連, 便利情報関連