チョップドサラダとは?レシピまとめと人気の理由他のサラダとの違い

      2017/10/12

NY発の新しいブームが日本にも広がりつつあります。

グリーンスムージーやジャーサラダなど、健康で美容にもよくておしゃれなものが日本でも沢山定番化していますが…

次にくるのはチョップドサラダ。

既に、東京や大阪などにはお店もできていますよ。

チョップドサラダとは?普通のサラダとは何が違う?

チョップドサラダとは、ニューヨークで専門店ができるほど大流行となった新しいサラダ。

簡単に言うと、野菜が同じ大きさにカットされていてスプーンやフォークだけで(ナイフ不要)食べることができるサラダのことです。

小さ目にカットされているので食べやすさだけでなくドレッシングとの馴染みもいいのがポイント。

大きさが揃っているだけで、もりもり食べやすいです。

チョップドサラダと呼ぶための細かい規定はそれ以外にはありません。

お好きな食材で、お好きな味付け、ドレッシングで作ることができます。

スポンサードリンク

おススメのレシピ

鶏むね肉てチョップドサラダ手作りシーザードレッシング

チョップドサラダ(キューピー)

細かく切って混ぜるだけ!「海鮮のチョップドサラダ」

コストコ風!キヌアのチョップドサラダ

食感重視の8品目♡チョップドサラダ

気軽に作れる♡やみつきチョップドサラダ♪

チョップドサラダは、具材を小さ目に大きさを揃えてカットする以外、細かく決まっていることはありません。

お好きな野菜、お好きな具材でつくればいいので、お好みでアレンジは自由自在。

ポイントは、小さく具材を切るので水分が出やすいため、水分をよくきってつくること。

水分をよくきらなかったら、ドレッシングをたくさんかけてしまったりして、歯ごたえがよくなかったり、おいしさも半減どころじゃないです。

そんなことを聞いてしまったら、普通のグリーンサラダのほうがお手軽かも・・・刻むの面倒…水分をきるのも手間かも…なんて思ってしまいますよね?

そんなお悩みを解決するチョップドサラダを作るための便利な調理家電があるのでご紹介しましょう。

フィリップス マルチチョッパー HR250505

このマルチチョッパーを使うと、野菜から水分が全く出ないので、野菜のシャキシャキした食感がすごいんです。

<使い方>

  1. 蓋を開けて柔らかい食材から入れていく 葉物野菜→きゅうり→にんじんなど。ナッツなどもOK。
  2. 蓋を閉めてスイッチを入れるだけ
  3. 刻み終わったらお皿へ。ドレッシングなどお好みでかける。
  4. 完成。

スポンサードリンク

普通のフードプロセッサーとの違いは?
  • 水気が出ない
  • 硬さの違う野菜を同時に刻める

通常よくあるフードプロセッサーは刻むと水気が出やすいです。

これは水気が出ないので、ドレッシングも少な目で十分よくからんでくれてヘルシーです。

大人だけでなく、スプーンで食べられるのでお子さまにもおススメです。

結構小さ目に刻まれるので、ナッツ類やキヌアを入れてみたりして、食感の違いを楽しんでみるのをおすすめします。

楽天↓

PHILIPS (フィリップス) マルチチョッパー (ホワイト) HR2505/05

チョップドサラダはお弁当にも最適

チョップドサラダをお弁当にたっぷり食べるのもおすすめです。

こんな感じでタッパーにたっぷりつめて持ち運び、食べる直前にドレッシングを容器に入れて蓋をしめ、そのままちょっとふるとドレッシングが全体にまわるので、蓋をとって食べればよし。

とってもお手軽です。

まとめ

チョップドサラダという名前が馴染みがないだけで、作るのは特に難しいわけでもありません。

ただ大きさをそろえるだけですが、これがあるようでなかったんですよね。

グリーンスムージーは大流行の末、定番となりました。

しかし、野菜をたくさんとることができる反面、噛まずに飲み込むので、メリットばかりでもなく、やはり人間は噛むことが大事で、噛むことが見直されつつあったりします。

チョップドサラダは食べやすく、お手軽。

お弁当などにもしやすいですし、スムージーの材料にはしにくいものでも入れることができますので、野菜以外のたんぱく質や炭水化物なども一緒に摂りやすいんです。

ぜひお試しくださいね。

 - 便利情報関連, ダイエット・美容, レシピ