コウノドリ第1話ネタバレあらすじ感想未受診妊婦の駆け込み出産

      2017/10/17

TBS系金曜22時「コウノドリ」。

10月16日放送の第1話あらすじと感想をまとめました。

第1話 あらすじ

謎の天才ピアニストBABYがあるライブハウスで演奏をしています。

満員の観客。

しかし、開演してしばらくするとBABYのライブは終了。

BABYの正体は、ペルソナ総合医療センターの産科医・鴻鳥サクラ(綾野剛)。

鴻鳥先生は下屋(松岡茉優)から緊急の呼び出し電話を受けていました。

鴻鳥先生は、BABYとしてのライブよりも医師のしごとを優先し、病院へ駆けつけるのです。

このときの呼び出しの原因は、「未受診妊婦」の受け入れ要請でした。

未受診妊婦とは、何らかの理由があり、妊娠してからの間、病院で適切な検査や診察を受けていないまま、出産に至る妊婦のこと。

未受診妊婦は、本人が合併症をかかえていたり、赤ちゃんが早産で生まれたり、仮死状態で生まれたりすることが多く、受け入れる病院にもリスクが大きいため、なかなかすんなり受け入れてくれる病院は少ないのです。

スポンサードリンク

しかし、鴻鳥先生は「未受診なのは母親のせいで、赤ちゃんに罪はない」と未受診患者を受け入れることを決めます。

未受診妊婦は、夏希(清水富美加)でした。

搬送された時点で、すでに赤ちゃんの足が出かかっていて、逆子の臍帯脱出となっていました。

下屋にその赤ちゃんがこれ以上出てこないよう手でおさえるよう指示したものの、新米の下屋はとまどうばかり。

そこに助産師の小松(吉田羊)がかけつけ、鴻鳥が指示したように赤ちゃんをおさえ、そのままオペ室へ。

夏希に確認をとり、お腹を切り、赤ちゃんは無事生まれました。

感染症なども問題ないとわかり一安心。

しかし…

夏希は生まれた赤ちゃんを見ても喜びもしませんでした。

夏希は、自分自身が虐待された過去を持ち、赤ちゃんの父親にも逃げられていたのです。

それだけでなく、ネットカフェ暮らしの日雇いのアルバイト、お金もなければ家もなく…

そんな夏希は、その数日後、赤ちゃんを置いて病院からいなくなります。

未受診妊婦、そして産み逃げ…

当たり前のように検診を受けることができない、当たり前のように生まれた赤ちゃんを喜んで受け入れられない…そんな負のループに陥ってしまっている人がいること、夏希がどのようにその状況で赤ちゃんと向き合い、赤ちゃんと暮らしていくことを決意するのか…

鴻鳥先生と、その仲間たち、そして今の社会制度がどう夏希を支えて変えていくのか、そこが1話の見どころとなります。
コウノドリ 配信中!無料おためしアリ
U-NEXT

スポンサードリンク

感想

いいドラマですね。

医療ドラマでもありヒューマンドラマでもあり。

考えさせられるうえに、じんわりあったかくもなって。

綾野剛さんってクールな役のイメージしかなかったのですが、今回のサクラ役ではとってもやさしくやわらかい雰囲気を醸し出しています。

あーこういう演技もできる人なんだ、と。

違う一面を見せてくれて、またファンが増えそうですね。

1話のゲストの夏希役清水富美加さんの演技も素晴らしかったです。

見る人の心をゆさぶる清水富美加さんの迫真の演技…

鴻鳥先生が病院から逃げた夏希を追いかけていったときの二人の掛け合いなど、「感動」という一言でかんたんに済ませてはいけない部分がたくさん。

赤ちゃんを生むところがゴールではなく、出産というところからまたあらたに始まる物語は、人によって幸せに満ちあふれていたり、試練だらけだったり…。

それでもいろんなことを背負って、お母さんと赤ちゃんは生きていくんですよね。

お金や学歴、今の世の中は格差社会と言われますが、第1話はそのお話でした。

お金がなく学歴もなく、愛情にも恵まれず、環境にも恵まれず、そんな負のループの中でもがく女性とそこに生まれてきた女の子の赤ちゃん。

頼るところがなくても、どうにかフォローする社会のシステムはあります。

ただ、そのシステムを利用したとしても、お母さんが本気でがんばらなければ、また負のループははじまってしまう。

本当はもっと手厚くフォローできる体制が必要なんだろうなと感じますよね。

子供が少ない日本の社会で、子供とお母さんがもっと生きやすく優遇されるような措置はあっていいと思います。

特に事情があり一人でがんばっていかなければいけないシングルマザーにこそ、あたたかい日本じゃないと負の連鎖はとまらない気がします。

しかし、どんな制度があっても、悪用する人がいたりするので、そういうところも含めて、難しいところだらけなのでしょうけど…。

原作マンガ

[まとめ買い] コウノドリ

コウノドリ 配信中!無料おためしアリ
U-NEXT

 - ドラマ関連, TV・CM・エンタメ, コウノドリ, 2015秋ドラマ