きらりんぐEYES

きらっと光るいろんな情報を紹介していきます

世にも奇妙な物語シンクロニシティ黒木メイサの感想とネタバレ

      2017/01/08

2016年10月8日放送のフジテレビ系「世にも奇妙な物語 秋の特別編」、黒木メイサさん主演の「シンクロニティ」のドラマあらすじと感想をまとめています。

シンクロニシティの原作のネタバレあらすじ・シンクロニティの意味と因縁の違いは?についてはこちら。

シンクロニシティ あらすじ

逸見栄子(黒木メイサ)はある日、買い物をしている途中で、腕時計を落として、壊してしまう。

その日、彼氏とのデートで、彼氏は栄子に昇進祝いだと言って、プレゼントをくれた。

中身は腕時計。

「さっき壊したばっかりで。こんな偶然ってあるんだね」と栄子は言って喜んだ。

彼氏と別れた後で、ベルトを調整してもらうために、その腕時計を持って店舗へ。

調整を終えて、店を出ようとしたとき、栄子は声をかけられた。

相手は、川島朱美(藤井美菜)だった。

朱美もプレゼントで貰った時計のベルトの調整のために来たと言った。

偶然に驚く二人。

二人は再会を喜び、バーへ行った。

話をしていると、二人の偶然は他にもあった。

彼氏の名字が同じ「篠塚」だったり、その彼氏と付き合い始めた日も同じ11月13日だったり。

「それはシンクロニシティかもしれません」とバーテンは言う。

シンクロニシティとは因果関係では説明できない偶然の一致のことをそう言うのだ。

「今日のわたしたちにぴったりの言葉だね」と栄子。

「シンクロニシティでは一見何の意味もない日時が意味を持つことがある。お二人が今日再会したのも何かあるのかもしれません」とバーテン。

「今日って何日だっけ」と朱美。

その日は、8月7日だった。

「嘘でしょ」と栄子。

栄子の頭には、ある記憶が蘇る。

2004年の8月7日…

栄子、朱美たちは高校時代、テニス部に入っていて、その日、那須高原で、テニス部は合宿をしていた。

テニス部にはえりなという女子がいて、えりなはいじめられていた。

栄子と朱美も、「何かやりな」といじめに加担させられていた。

本当はそんなことしたくないのだが、えりなの代わりにいじめられるのはもっと嫌だった。

二人は、えりなを落とすための落とし穴を掘った。

そして、えりなを呼びにいく。

スポンサードリンク

しかし、えりなはそのとき、既に、死んでいた。

自分で手首を切っていたのだ。

いじめの首謀者の女子は「いじめのこと誰にも言うんじゃないよ、あんたらにも責任はある」と朱美と栄子にきつくいった。

そんなことを思いだして、栄子は「これってえりなの呪いじゃないよね?」と言う。

「呪いなんかあるわけない。何年も生きてたら、不思議な出来事に遭遇するなんて十分あり得る。シンクロニシティだなんて、ただの偶然にすぎない」と朱美。

その日、夜遅くまで飲んだ二人は、帰るためにタクシーを捕まえようとしていた。

やっと来たタクシーに手をあげたのだが、そのタクシーは、栄子たちのとなりで同じようにタクシーを捕まえようとしていた男性の前で停まった。

「最悪」と朱美。

とそのとき、そのタクシーをとめた男性が「逸見と川島か?」と声をかけてきた。

なんとその男性は、高校時代の教師だった。

その教師と、栄子たちは偶然にも帰る方向が同じだったので、「途中でおろしてやるよ」と言ってくれ、3人は同じタクシーに乗り込むことになる。

栄子の頭には、2004年のことが再び蘇ってしまった。

先生にえりなの自殺について何か知っていることはないかと聞かれたものの、栄子と朱美は「何もしりません」と答えたのだった…

「栄子とばったり会った日に、先生とも会うなんて。こういうの何って言うか知ってます?シンクロニシティって言うんですよ。先生もそういう経験ありますか?」と朱美。

「俺にとってはまさに今日の再会がそうだな。お前たちにずっと会いたかったんだよ。お前らなら今日が何の日か知ってるよな?12年前の今日は、えりなが那須高原の合宿所で自殺した日だ。俺はどうしても自殺の原因が知りたかった。それでさぐり続けてたんだ。結果ようやく一人の卒業生が打ち明けてくれたよ。お前たちテニス部の連中が、えりなをいじめてたんだろ?自殺した日にはおまえらが落とし穴にはめようとしていたらしいな」と先生。

「違うんです。」と栄子。

「先輩の命令に従わなければ私達が標的に」と朱美。

「でもお前らがいじめに加わっていた事実はかわらないだろう?俺とえりなは付き合っていたんだよ。もちろんいけないことだとはわかっていたが、俺はえりなのことを真剣に愛していた。卒業したら結婚することもご両親に認めてもらっていた。なのに…俺はにくんだ、えりなを裏切ったお前たちを心の底から憎んだ。ずっとお前たちを探してたんだよ」と先生。

先生の手にはナイフが光っていた。

「とめて!」

タクシーがとまると、雨の中朱美と栄子はタクシーから飛び出していく。

先生は栄子をひきとめようとした。

手にはナイフ。

「違うんだ!誤解だ」と先生は両手を上げ、ナイフを落とした。

「お前たちを殺すつもりはない、話には続きがある」と先生。

えりなの自殺後、先生は、えりなの両親から日記を見せられていた。

えりなの自殺の原因は、妊娠だった。

先生の子供を妊娠して、産みたいけど不安だ、と悩んでいた気持ちが日記にかかれていたのだ。

「えりなの自殺はお前たちのせいじゃない。悪いのはすべて俺なんだ。俺は自分の罪を1日たりとも忘れず、一生抱えていくつもりだ。長い間十字架を背負わせてしまったこと本当に申し訳ないと思ってる。今日はお前たちと話せて本当によかったよ」

スポンサードリンク

先生はそう言うと、タクシーに乗ることなく、去っていく。

自分たちのせいじゃなかったと知り、安心した。

「今日のことはやっぱり偶然じゃなくて、運命的なことだったんだね」と栄子。

「そうだね」と朱美もうなずいた。

「ご迷惑をおかけしました」と運転手に言って、二人はまたタクシーに乗り込む。

再び、発車したタクシーの中。

「シンクロニシティには幸運をもたらす一面もあるんですね。実はわたしもお客さんと同じように偶然とはいえない運命的な出来事のおかげで救われたんですよ。」と運転手。

「とんな出来事ですか」と栄子。

運転手は話しだした。

もともと運転手は、子供が喘息のため自然にかこまれた場所に住んでいた。

娘が5才のとき、一人で出かけていった、

しばらくすると、雨が降り出した。

娘を探しにいったものの、なかなか見つけることができず、やっとみつけたときには、娘は足を骨折し、意識を失っていた。

病院に運び込んだものの、雨のせいもあり、肺炎を悪化させ、娘はなくなってしまった。

その後、運転手の妻は、病気でなくなってしまった。

妻が亡くなった日は、娘が亡くなった日と一緒だった。

そのことに運命を感じた運転手。

それだけでなく、同じ日にまた、運命的な出来事が。

娘の死の真相が明らかになったのだ。

娘は、森の中で足を骨折していたのだが、その原因は…落とし穴に落ちたからだった。

それは12年前の8月7日のこと…

運転手が当時住んでいたのは、那須高原。

運転手の娘が落ちた穴は、栄子と朱美が掘った穴だったのだ。

「いやあ、すっきりしました。わたしは妻と娘の命日に合わせて、今日死ぬつもりなんです。最後にあなたたちを乗せた、これで思い残すことなく、家族のもとに行けます」と運転手。

運転手は、アクセルを踏んだ。

「ごめんさい」と朱美や栄子が言うも、「こんな偶然もあるんですね。これはまさに、シンクロニシティだ」と運転手。

車の速度は100キロをこえた。

そして、対向車のトラックにタクシーはつっこんでいく…

感想

スポンサードリンク

ドラマのシンクロニシティは、原作よりも、より多くの偶然が重なるように作られていました。

教師のエピソードは、ドラマオリジナルのもの。

あのナイフは一体何だったのか、よくわかりませんし、タクシーに乗らずに帰っていったあの教師の行動全てが疑問であり、恐怖です。

婚約していた教師の子供を身ごもったことで、悩んで合宿中に自殺するえりなのエピソードもなんだか無理やりな感じがしますよね。

妊娠しているのに、部活に参加していることも不思議。(というか誰にも言えなかったから参加せざるをえなかっただけかもしれませんけど)

いじめのレベルも相当だったはずなのに、そのことが日記には書かれておらず、ひたすら妊娠のことで悩んでいたというのも不自然です。

偶然が重なりすぎて、余計に奇妙すぎる物語となってしまっていました。

世にも奇妙な物語としてはこれでいいのかもしれませんが、原作のほうがすんなりと後味が悪くぞくぞくして終われた感じです。

原作の終始のぞくぞく感がドラマにはなかったかも。

盛りすぎたドラマは、その奇妙さが悪い意味で気になってしまいました。

1つよかったのは、運転手さんの演技。

あの不気味さは秀逸で、はまりすぎでした。

原作は、草を結んでいたずらをしたという内容でしたが、落とし穴を作ったという内容のほうが、しっくりきました。

実際に悪ふざけで落とし穴を作り、友人がなくなってしまった事件が数年前に起こってたことを思い出します。

大人が亡くなることもあるのだから、ぜんそくの子供が落ちたらどうなるか、想像するまでもありません。

このリアリティと奇妙さこそが、世にも奇妙な物語の醍醐味ともいえるのかもしれませんね…

実に、後味が悪いです。

シンクロニシティ原作のネタバレはこちら

世にも奇妙な物語関連記事一覧はこちら

 - ドラマ関連, TV・CM・エンタメ, スペシャル, 世にも奇妙な物語

スポンサードリンク

  関連記事

カインとアベル第7話感想ネタバレあらすじ15%の契約で優が取締役に!

フジテレビ系月9「カインとアベル」。 11月28日放送の第7話のあらすじと感想を …

マザーゲーム第7話ネタバレあらすじ感想発表会優輝の失敗受験の決意

TBS系火曜22時「マザー・ゲーム~彼女たちの階級~」。 5月26日放送の第7話 …

IQ246第2話感想ネタバレあらすじキルリストはデスノートのパクリ

TBS系日曜21時「IQ246~華麗なる事件簿~」。 10月23日放送の第2話、 …

新・牡丹と薔薇第24話ネタバレあらすじ感想役立たずのメス豚

フジテレビ系(東海テレビ)昼ドラ「新・牡丹と薔薇」。 1月6日放送の第24話あら …

トランジットガールズ最終回結末ネタバレあらすじ感想クリスマスの再会

フジテレビ系土ドラ「TRANSIT GIRLS」。 12月26日放送の第8話・最 …

せいせいするほど愛してるロケ地焼き鳥屋やケーキ屋焼肉屋蕎麦屋はココ

TBS系火曜22時「せいせいするほど、愛してる」。 栗原美亜(武井咲)や美山千明 …

無痛第2話ネタバレあらすじ感想痛みは生きる希望を失う犯因症とは?

フジテレビ系水曜22時「無痛~診える眼~」。 10月14日放送の第2話あらすじ感 …

重版出来黒木華の腕時計と第4話の衣装Tシャツブラウスはコレ

TBS系火曜22時「重版出来」。 5月3日放送の第4話黒沢心役黒木華さんの衣装を …

中川大志は福士蒼汰の弟?高校はどこ?熱愛彼女と恋愛や結婚について

2015年のシーブリーズのCMで広瀬すずさんの相手役の先輩役として出演。 福士蒼 …

火の粉最終回の結末ネタバレと感想白い粉の毒武内は自殺か殺されたのか

フジテレビ系土ドラ「火の粉」。 5月28日放送の第9話・最終回のあらすじと結末、 …