きらりんぐEYES

きらっと光るいろんな情報を紹介していきます

砂の塔犯人と最終回結末ネタバレを予想&考察!【第9話終了時点】

   

TBS系金曜22時「砂の塔~知りすぎた隣人~」。

いろいろと衝撃の事実が明らかになって物語は展開していく中、ドラマの放送は12月9日放送の第9話までを終えました。

弓子(松嶋菜々子)と健一(田中直樹)の過去も明らかになり、和樹(佐野勇斗)が高野家へ戻ってきて、家族は安泰…と思った矢先に…?!

いよいよ次週12月16日は最終話。

まだ明らかになっていない謎と、結末について、予想・考察していきます。

※この記事が当サイト内の砂の塔予想・考察の最新版となります。

最終回の結末予想 解明していない謎を整理

現時点で、まだわかっていないことをざっと整理しておくと…

  • 阿相社長(寛子の夫・津田寛治)の副業が何なのかということ
  • ハーメルン事件の犯人(とその共犯者)、そして動機など

大きく分けるとこの2点です。

そして、それに関係してくる小さな謎もいくつかありますよね。

順番に見ていきましょう。

寛子の息子・俊介(しゅんすけ)がいなくなったのはハーメルン事件なのか?

第9話のラスト、俊介がいなくなった寛子(横山めぐみ)が騒いでいましたが…

これはおそらく、阿相社長(武文・津田寛治)が連れて行ったのではないかと推測。

あの黒のパーカー姿のタワーマンションへ入っていく男。

見ようによっては、ハーメルン事件の犯人だという風に、ドラマは作られていたものの、そうではなく、阿相社長が、こっそり自宅に戻ってきただけ、ではないでしょうか。

警察に追われる身なので、顔を隠すためにパーカーをかぶっていただけ。

自宅マンションなので、鍵やオートロックなどは簡単にクリアできます。

俊介も、父親なので、声をかければ普通についていくはず。

俊介がいなくなったことはハーメルンには関係のないこと、と考えます。

車に乗り込むシーンも、阿相だったら何の不思議もないです。

黒のパーカーの上着に、白パンツという姿は阿相社長で間違いないでしょう。

阿相の副業とは何?

阿相の副業は、怪しそうに見えるだけでなく、本当に逮捕されるような内容のものだったということは確実です。

人身売買的なこと?という安直な想像しかできません。

その内容よりも現時点では、警察に追われた身の阿相武文が、マンションへやってきて、息子に声をかけていたのが事実だろうというほうが大事。

スポンサードリンク

和樹が見たというハーメルン事件の犯人は?

和樹は病院で、ちあきちゃんがふいていた口笛を聞いています。

おそらくは、あの時点で、あの口笛も情報は公には報道されているわけではないはずの情報ですね。

その口笛と同じ口笛をふく男の存在に和樹は気づいた…なので、ハーメルン事件の犯人を見たかもしれない、と言ったんですね。

あの日、生方はカーキのコートを着ていましたが、その下は黒っぽいパーカーパンツも黒っぽい格好でした。

おそらく、あの第9話のラストの時点で、あのタワーマンションには、生方と津田寛治がそれぞれいたのではないでしょうか。

和樹が見たというハーメルン事件の犯人は、おそらく、生方のこと。

しかし、ここで1つ気になるのは、亜紀に電話したときに、生方のことであれば、あんな言い方しなさそうということ…

「生方先生だよ!」って言いそうな気もします…

でも、母親の知り合いだからこそ、言わないということもあり得るでしょう。

ハーメルン事件の犯人は誰?

ハーメルン事件の犯人像は…

  • おそらく男女ペア
  • 廃村に関係している
  • ハーメルンは口笛をふいていた その口笛は認知症の治療のためのもの
  • 黄色いカーネーション

男女ペアとなると、現時点での登場人物から考えると、数パターン思い浮かびますね。

  • 荒又刑事と奥さん
  • 津田寛治と愛人
  • 生方と母親

順番に見ていきましょう。

荒又刑事と奥さん

荒又は、過去にいじめが原因で息子をなくしています。

ですが、今回、ちあきちゃんが生きた状態で発見されたりしていることから、荒又が犯人となるといくらなんでも…という感じです。

犯人がどんでん返しで警察だった…というのはパターンとしてはありですが、今回にかぎっては、それはないでしょう。

怪しそうに見せているだけ。

ただ、あれだけ弓子に対して「今さら何が目的なんだ?!」なんて言い方をしていた荒又が、亜紀に対しては弓子を擁護するような言い方もしていて、あの2面性が少し気になりますね…

阿相社長と愛人

ハーメルン事件が、もし阿相社長のしわざだとしたら…おそらくさらに共犯がいないと辻褄があいません。

阿相社長にしても、あのホステスの愛人にしても、子供をさらうには目立つ人物です。

ハーメルン事件が、阿相の副業と繋がっている、と見ることもできますが、怪しい商売をしようとしている人にしては、リスキーすぎます。

ああやって、テレビなどでも大きく報道されるようなレベルの失踪事件をおこしてまで、副業をするメリットは何ひとつありません。

副業は、きっとおいしい話があって、魔が差して…なんてところから始まったものでしょう。

あんな幼児ではなく、すでに独立できるような年齢の女の子が、自ら納得した時点で、売られていく…というものと、犯罪としても難易度やリスク違いますからね。

犯罪は犯罪ですが、阿相は一応ビジネスマンでもあり、そういうことまで含めてハーメルン事件のような犯罪はしそうにないと考えるのが妥当。

生方と母親

ということで、これが本命です。

最初から怪しいと思ってきた生方(岩田剛典)。

最初の時点ではカンでしかありませんでしたが、第9話までの内容で判明している事実は、犯罪につながるものも多いのです。

  • 黄色いカーネーション
  • 病気の母親
  • 田舎

まず、ハーメルン事件で現場に遺されている黄色いカーネーション。

生方の実家はもともと花屋だったんですよね。

花は決して遠い存在でもないはずで、手にも入るでしょう。

母親の存在。

あまり多くを語りはしませんが、生方には母親がいます。

体調はよくない、と前々からちらちらその話が出ていますよね。

母ひとり子ひとりです。

その母親が認知症だとしたら…生方がハーメルンの口笛を知っていてもおかしくはありません。

そして、母親の実家が、あの廃村だったとしたら…。

→生方が犯人説 その1

生方の母親と、失踪した子供たちは一緒に暮らしているのではないでしょうか。

生方は正義感の強い人間です。

あの疾走した子供たちは、元生方の体操教室の生徒だったり、そうではなくても、よく公園で見かける間柄で仲良くなったとかそういう関係の子たちなのでしょうね。

生方はあの通り癒やしキャラですし、子供たちの心を開き、本当の気持ちを聞き出したりするのはきっと容易いことです。

もともと、どの子供たちも、生方はさらおうとしていたのではきっとない。

ただ、助けてあげたかったのでしょうね。

自分がきっと母親のせいで小さいころとても苦労をして育っているからこそ、いろいろと気持ちがわかるし、正義感ゆえにほおっておけないのです。

最終話の予告に、生方が犯人と争い、襲われる…というような内容がありますが、生方を襲おうとしたのは、母親…もしくは全く別の人物なのではないでしょうか。

”犯人らしき人物”という表記が気になりますし、今まで刃物沙汰にはなっていませんから、今になってそういう襲い方をハーメルン事件の犯人がするのも腑に落ちません。

→生方が犯人説 その2

生方が正義感で子供たちを失踪させていたのではない場合…

その場合は、生方が、阿相社長とつながっているということも考えられるかもしれません。

阿相社長の副業で、コマとなって動いていたのは実は生方だったという説です。

この場合、ちあきちゃんが見た男女は、生方と阿相の愛人でしょう。

生方はこんなことしたくなかったのでしょうが、認知症の母親の生活をみていくにはお金がかかります。

ですので、理由は、お金。

阿相社長と生方がどうつながったのかはわかりませんが、あの阿相社長のことですから、弱みを握ったような形で、生方に手伝わせていた可能性はありますよね。

この場合、生方を刃物で襲った相手は阿相社長となります。

警察に追われる身となり切羽詰まった阿相社長が正常な判断を出来ずに刃物を使うということは考えられます。

スポンサードリンク

最終回の結末はどうなる?

和樹がどこに連れていかれたのか…

弓子もしくはハーメルン事件の犯人のところにいると考えられます。

ただ、和樹は身長もありますし、気を失わせて運ぶ、というような方法では相当目立ちます。

連れ去られたというよりも、一緒に行った、と考えるほうがいいかもしれません。

ただ、弓子のところにはあの時点でいくことはないはずです、もう母親のことより亜紀たちとの生活を選んだあとですからね。

となると、生方が怪しいですよね…

もしくは阿相社長。

自分の息子を連れていくだけでなく、和樹も連れ去ったという展開は違う気が…。

生方説が濃厚というところでしょうか。

生方は、自分が逮捕されたくないというそういう気持ちだけで動いているのではないと考えます。

第9話でそらが電話をかけた相手は生方で、生方がその電話をうけて和樹を説得に行ったはず、ですよね?

説得にはあの場では応じなかった和樹ですが、その後、ちゃんと亜紀たちのところへ戻ってきたわけですし、その状態で和樹を連れ出す必要はないのですが、やはりそこはハーメルン事件の秘密を知られてしまったから…。

最終回の内容としては…

和樹失踪→和樹を取り戻そうとする亜紀たち、警察は、生方とその母親が怪しいということに気づく

→生方と、生方にとらえられた和樹を発見

…と展開していき、そこで和樹のことを体をはって助けようとするのは弓子なのではないでしょうか。

弓子は、亜紀たちと一緒に和樹を探しているわけでもないはずですが、弓子の手元には、和樹が忘れていったカメラがあります。

そのカメラに、おそらく、犯行の証拠がのこっているのではないでしょうか。(連れ去った場面とか、連れ去られた子供がその大人と一緒にいる場面)

弓子は和樹のとった写真を見ている中で、その写真を見つけて、犯人が誰なのかなどに気づくのです。

弓子はまだ自分が母親だと和樹には言っていません。

弓子が和樹を助けることで、和樹に自分の愛を示すのでしょう。

もしかすると、そのときに命を奪われることになるかもしれません…

弓子は最後まで、このまま自分から母親だとはバラさないけれど、さすがに和樹は自分にそこまで体を、命をはってくれる弓子が、自分の母親だと気づくのです。

結果として、弓子が母親だとか、亜紀が母親だとか、そこで二人が争っても仕方ない、和樹は自分の居場所(家庭)が高野家であるうえで、弓子のことも母親として認めて生きていこうと決めるのではないでしょうか。

和樹のそういう気持ちが伝わることで、弓子の想いも報われていき、今までのような執拗な犯罪まがいのことはもうしない、とそう誓う結末です。

亜紀と弓子で対立するわけでなく、独占するわけでもなく、母親が二人いてもいいっていうスタンスです。

二人の愛情はそれぞれ本物なのですから。

ハーメルン事件は、警察の手で解決、生方と母親(もしくは、阿相社長と生方、阿相の愛人)は逮捕、でしょう。

弓子は、棒倒しゲームのように、まわりから亜紀の生活を崩していき、和樹を奪おうとしたのですが、結果として、弓子がいろいろやらかしたことで、高野家はより深い絆でつながることとなった…という形でのハッピーエンド(?)です。

【砂の塔衣装関連】

 - ドラマ関連, TV・CM・エンタメ, 2016秋ドラマ, 砂の塔~知りすぎた隣人~

スポンサードリンク

  関連記事

恋仲最終回第9話ネタバレあらすじ結末感想感動結婚式と花火峯田指原登場!

フジテレビ系月9「恋仲」。 9月14日放送の第9話・最終回のあらすじ感想をまとめ …

天皇の料理番第3話ネタバレあらすじ感想ジュテーム野菜係への昇進

TBS系日曜21時「天皇の料理番」。5月10日放送の第3話のあらすじ感想をまとめ …

明日もきっと、おいしいご飯第41話ネタバレあらすじ感想四葉のクローバー

フジテレビ系昼ドラ「明日もきっと、おいしいご飯~銀のスプーン~」。 7月27日放 …

早子先生、結婚するって第1話ネタバレあらすじ感想見合い相手は坂上忍

フジテレビ系木曜22時ドラマ「早子先生、結婚するって本当ですか?」。 4月21日 …

コピーフェイス原作小説のネタバレあらすじとドラマ最終回結末予想

NHK金曜22時「コピーフェイス~消された私~」。 飛行機事故に遭った、記者の広 …

火の粉第6話ネタバレあらすじ感想武内の母親とお墓、琴音の元夫の死

フジテレビ系(東海テレビ)土ドラ「火の粉」。 5月8日に第6話が放送となりました …

ラヴソング第8話ネタバレあらすじ感想さくらと空一、シェリルと神代

フジテレビ系月9「ラヴソング」。 5月30日放送、第8話のあらすじと感想をまとめ …

別れたら好きな人第21話ネタバレあらすじ感想女々しい男・竜崎はクセモノ

フジテレビ(東海テレビ)系昼ドラ「別れたら好きな人」。 10月27日放送の第21 …

田中哲司のベース経験は?ラヴソングのバンド演奏は本当にしている?

フジテレビ系月9「ラヴソング」。 福山雅治さん演じる神代広平は元プロミュージシャ …

ナオミとカナコ第2話衣装広末涼子のスーツ内田有紀のニットスカート

フジテレビ系木曜22時「ナオミとカナコ」。 1月21日放送の第2話の衣装を調べま …