そして誰もいなくなった結末予想と考察7つの罪の意味と犯人の目的は?

      2017/01/07

日本テレビ系日曜22時30分「そして、誰もいなくなった「(そし誰)。

8月14日放送の第5話で第1章が終わりました。

そこまでの内容をふまえて、今後の展開や結末を予想&考察していきます。

最終回のネタバレ・一連の事件の真相についてはこちら。

結末・展開予想 7つの罪とは何か?考察してみた

第5話のラスト、日下が犯人のひょっとこから預かってきたという指令書には…

世界を孤独に。

そのために、

君たちは今から7つの罪を犯す

とありました。

7つの罪とは何でしょうか。

7という数字、第5話の白い部屋の鍵を開けるクイズの答えが全て7択でした。

これがその7つの罪に繋がるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

  • 小山内
  • 万紀子
  • 西条
  • 早苗
  • 五木
  • 田嶋
  • 自分(新一)

犯人が新一に求めるのは孤独。

まずは、新一が信用していて、そして自分のことを実は裏切っていたその相手を消していくこと…

そして、自分だけになったその世界から、自分自身も消すこと…

それが7つの罪。

犯罪を犯すということよりも、自分が信じていた相手を自分の手で消していくということにより新一の精神状態はどんどん正常ではなくなっていくはずです、

そして、最終的には、簡単に自分の命をもなくしてしまう…

「そして、誰もいなくなった」というそのタイトルに繋がるのはやはりそういうことではないかと推測します。

犯人は誰か?ひょっとこの正体は?

第5話で新一を白い部屋に閉じ込め、そして第3の選択肢として、日下たちと仲間になり7つの罪を犯すように仕向けている人物は誰なのか?

これについては第5話のあらすじと感想でも考察していますが、黒幕、ひょっとこの正体は日下。

第5話までの新一のまわりで起こったことの仕掛け人は日下です。ただ日下も誰かの指示の元動いているはず。

日下が自分でガスを自宅でまき、新一をあの白い部屋に閉じ込めた。

元々、日下と馬場と砂央里は繋がりがあったので、仕掛け人として、砂央里もあの部屋にいた。

馬場は再三自分はガキの使いで、誰かの使いっ走りでしかないと言っていますが、ひとまず、馬場に指示を出しているのは、おそらく日下です。

日下は自分を信用させるために、まわりくどくああいうことを仕掛け、自分を味方で信頼できる人物だと新一に思わせました。

また、自分が傷をおうことで新一は責任を感じて、日下のことを簡単に裏切ったりはしないでしょうし、どんな内容であれ、7つの罪を犯すでしょう。

日下は、今、新一を自由に操れるような状態にしたんです。

日下が第1話で言っていたように、新一は知らず知らずのうちに周りを傷つけて、恨みをかっていたのは間違いありません。

そして、日下は新一と血縁関係があるのではないかと推測します。

その理由は、第4話の目玉焼き。

新一も日下も目玉焼きには塩。

母親の影響であると話していました。

日下が今まで新一に話した何気ない一言一言が、一連の事件に関係している実はヒントになると考えます。

新一の産みの親が日下の母親なのか、はたまた万紀子が新一の父親と結婚する前に産んだ子が日下なのか…。

万紀子の子供が日下という可能性が高いと感じますね。

万紀子と日下が対面したシーンは第5話までにはありません。

本当の黒幕は?

スポンサードリンク

小山内は総務省の中で何かをやらかそうとしています。

パーソナルナンバー関連でおそらく問題を大きく取り上げ、総務省の上の人間を失脚させ、自分たちが出世できるようにするためです。

小山内はもともと出世を望んでいて、そのチャンスを狙っていたところに、たまたま新一のパーソナルナンバーの事件が起こったのでしょう。

しかし、実際のところ、この新一に起こったことと、小山内のことがつながっていて、小山内が失脚させようとしている相手が、日下を操る犯人であるのでは?

新一を陥れようとしている事件に、実は総務省の誰かが大きく関わっていて、今回新一を消そうとしている本当の動機。理由は、ミスイレイズにかかわること。

総務省のその犯人は、新一が消えればそれでよかったものの、その方法を、日下に委ねていて、日下は新一に対して実は恨みがあるので、こういう大掛かりなことをして新一を苦しめた上で消そうとしているという…。

展開や結末は?

第2章の展開としては、新一は犯人の思うように罪を犯していってしまう。

しかし、公安の鬼塚たちはいろいろと調べていくうちに新一が自分の意志ではなく、誰かにはめられてそういうことをしているということに気づき、また総務省の件との繋がりにたどり着く。

公安の鬼塚たちが事件を解明し、新一を保護するのと、新一が追いつけられ、自分の命を消そうとするのとどちらが早いのかというところが最後になるのではないかと予想します。

タイトルのように、誰もいなくなる、というのがラストなのだとしたら、公安は間に合わず新一が死んでしまったその後に、総務省の黒幕と、日下たちが逮捕されるというそういう結末になってしまうのでしょうかね??

そして誰もいなくなった第5話あらすじ感想といろんな謎の考察についてはこちら

そして誰もいなくなったタイトルの本当の意味を考察についてはこちら

そして誰もいなくなった関連記事はこちら

 - ドラマ関連, TV・CM・エンタメ, 2016夏ドラマ, そして、誰もいなくなった