きらりんぐEYES

きらっと光るいろんな情報を紹介していきます

せいせいするほど愛してる最終回ネタバレ結末あらすじと感想

      2017/01/15

TBS系火曜22時「せいせいするほど、愛してる」。

9月20日放送の最終回のあらすじと結末、感想をまとめています。

最終回 あらすじ

海里(滝沢秀明)と美亜(武井咲)が教会で結婚式をしていると、そこに優香(木南晴夏)と、部長、社長(松平健)が…。

「そこまでよ、この雌豚!!」と優香は叫んで美亜のほうに走ってきた。

海里は美亜をかばってくれたが、美亜はこれが最後なんだと実感していた。

「どうして?わたしには海里しかいないの。わたしを見捨てるの?」と優香。

海里は「これは栗原のせいじゃない」と優香の手首をつかんだ。

そのとき、優香の頭には、事故前に離婚届を書いていたときの記憶、事故の記憶が‥。

優香は自分で離婚届に記入し、海里が手首をつかんで判をおすのをさえぎったその手を自分ではらって判を押したのだった…そして、役所に離婚届を出しに行くとき、優香はアクセルを踏んで…

東京につれて戻られた美亜と海里は、TIFFANYの社長室で、社長、部長、優香、海里、美亜、遙香(橋本マナミ)、弁護士たちと話をすることに。

「会社と優香を捨てるつもりだったわけ?」と遙香。

「違う。昨日1日を区切りに、終わらせるつもりでした。浅はかな行動でした。本当に申し訳ありません」と海里。

社長は、「もとはといえば、海里を優香さんの治療代のためにしばりつけたわたしの責任です。優香さn、本当に申し訳なかった。金輪際、二人が会うことは決してありません。そうだな?」と社長。

「はい。栗原美亜さんと会うことは二度とありません。」と海里。

「わたしも実家に帰ります。二度と、副社長とはお会いしません」と美亜。

そして、美亜は「申し訳ございませんでした」と優香に頭を下げた。

「この先のことはわたしが責任を持つ。だから今回のことはこれでおさめてもらえないだろうか」と社長。

結局、裁判にはならずにすんだ。

海里がTIFFANYで働きつづけることも優香は認めてくれた。

優香は「本当にこれでいいの?」と海里に聞く。

海里がうなずくと「じゃあ、家で待ってる」と帰っていった。

二人があの別荘に泊まった次の朝。

スポンサードリンク

美亜は朝食を食べながら「気が済みました。もう帰りましょう。副社長も最初っからそのつもりだったんですよね?」と言った。

「このままじゃ誰も幸せになれない。」と海里は言ったのだ…

美亜は社長と部長に「本当にご迷惑をおかけして申し訳ありませえんでした」と謝罪し、帰ろうとした。

そのとき、海里は、社員たちに話をしていた。

「僕個人の軽率な行動のせいで、みなさんに大変不快な思いをさせてしまいました。申し訳ありませんでした。僕と栗原が不倫関係にあったという噂は、事実です。僕は夢だった建築家を諦め、ティファニーに入りました。そんな中途半端な僕に栗原は真っ向からぶつかってきた。彼女はココで働く人達の意識の高さと、ジュエリーへの愛情の深さを教えてくれた。彼女と過ごしていくうちに僕は自分の甘さを恥じ、無力さを認めることができた。僕は彼女を女性として、愛おしく感じ、いつのまにか彼女の存在が僕の支えになっていることに気付きました。妻がいる身で、別の女性を愛することなとあってはならないとなんども思いました。でも、僕は言い訳したんです。僕たち夫婦は離婚することが決まっていました。でも、離婚届を出しにいく途中、事故にあい、妻は意識不明になってしまった。届けを出していなかっただけ。妻が目覚めれば離婚届を出せばいいだけ。そう言い訳しました。僕のとった行動は許されることではありません。ですがもう一度みなさんと一緒に働くことを認めてもらえませんか。みなさんが守ってきたティファニーの商品にはいろんな思いがこめられている。デザイナーや職人、売り手の思い、商品を手にとってくださったお客様の思い…そんあ思いを僕も一緒に守らせてください。どうかお願いします」と海里は頭を下げた。

美亜はそれを聞いていた。

大好きな人を失って、大好きな仕事も失って…でも、海里と過ごした日々は美亜の中にある。

海里の中には美亜がいて、美亜の中には海里がいて…それでいいとそう思えた。

その後、役員たちの反発もなんとかおさまり、そのことを部長は社長に報告に行く。

「他に道はなかったのか…もっとあの二人と一緒に悩んでやればよかったのかもしれない。わたしは君がいなかったらここまで来ることはできなかった。妻がなくなってから、君は何の見返りも求めずわたしを支えてくれた。籍も入れず、今日まで君を縛ってきたこと本当に申し訳ないと思っている」と社長。

「わたしはそんなことは望んでおりません。社長が思い描く夢を一緒に追いかけることができて、幸せです」と部長。

社長は部長の手を握り、「ありがとう」と言い、部長を抱きしめた。

「海里にとっては、栗原くんんがそうだったのか…」と社長。

一方、美亜は、その後、陽太のところへ。

ティファニーをやめたことを伝え、実家に帰ると伝えた。

「小川遙香は妹のために美亜と三好海里を引き裂こうとしたんじゃない。あの女の目的はカネだ。妹の治療費にかこつけて三好家の財産をネコババしている。それが証明できれば美亜に有利になる。俺、証拠集めて…」と陽太。

「もうやめよう。わたしはもう前に進むって決めたの。だから陽太ももうちゃんと前を見て。それだけ最後に話したかったんだ」と美亜。

「美亜、今までごめん。あいつ、三好海里、ちゃんと美亜を愛していると思う。俺わかるんだ、ずっと見てたから」と陽太。

「元気でね」と美亜は言って帰っていく。

「美亜もな」と陽太は見送った。

そのころ、あかり(水沢エレナ)はお見合いをしていた。

スポンサードリンク

その後…

美亜は引っ越しの準備をした。

海里がくれた花の指輪は大事に持っていた。

美亜の部屋には、焼き鳥屋のなおき(GENKING)が引っ越してくることになった。

出発の前日にはみんなで送別会をした。

そして、美亜は東京を離れ、実家へ。

それから、1年後、2017年9月末。

海里はティファニーの社長になった。

美亜は実家で、だらだらと過ごしていた。

美亜は昔から好きなこと以外には全然なのだ。

「でもお母さん美亜のそんなところ好きよ、誰だってみんな自分ののめり込めるものの出会えるほどそんな人生なんかないわよ。特別なものを見つけた人は神様に感謝をして手を伸ばさなきゃ。自分の好きなことをせいせいするまでやりなさい」と母親。

「わたしの好きなこと…」と美亜。

美亜が思い出すのは、ティファニーと海里のことばかりだ。

また、あかりはあのお見合いの男性と付き合いを続けていたが、今でも久野(中村隼人)のことが忘れられていない。

「千秋にはわからないよ、わたしの気持ちなんて」とあかり。

「好きな人が自分のことを見てくれない苦しさならわたしにもわかるよ。でも別にわたしは平気。好きになってもらいたくて好きでいるわけじゃないから。…あかり、わたし、ずっとあかりのことが好きだった。もうずーっと。あかりはわたしの初恋なの。今でもあかりがすき。だからあかりに好きな人ができるといつも邪魔してた。あかりがとられちゃうような気がして…ごめんね」と千明(トリンドル玲奈)。

「突然のことで何って言ったらいいのか」とあかり。

ページ: 1 2 3

 - ドラマ関連, TV・CM・エンタメ, 2016夏ドラマ, せいせいするほど、愛してる, m

スポンサードリンク

  関連記事

いつかこの恋を思い出して最終回結末ネタバレあらすじ感想母への手紙ハンバーグ

フジテレビ系月曜21時「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(いつ恋)。 …

はじめまして愛しています脇役の出演者役どころ情報まとめと相関図

テレビ朝日系木曜21時「はじめまして、愛しています」。(はじ愛) 現在第7話まで …

She第4話ネタバレあらすじ感想盗撮の犯人はあづさの母親

フジテレビ系土曜深夜「She」。5月9日放送の第4話あらすじ感想などをまとめまし …

ダメな私に恋してください第3話中島とパンケーキを食べた店ロケ地はココ

TBS系火曜22時「ダメな私に恋してください」。 1月26日放送の第3話でミチコ …

嵐の涙第16話ネタバレあらすじ感想親子の絆が深まる

フジテレビ系(東海テレビ)昼ドラ「嵐の涙」。 2月22日放送の第16話あらすじ感 …

フラジャイル第4話ネタバレあらすじ感想考える時間森井は元医者志望

フジテレビ系水曜22時「フラジャイル」。 2月3日放送の第4話あらすじ感想をまと …

天皇の料理番第1話ネタバレあらすじ感想黒木華と鈴木亮介の大きな愛大ヒットの予感

TBS系日曜日21時「天皇の料理番」。 4月26日放送の第1話(2時間スペシャル …

家売るオンナ第2話北川景子衣装ジャケットやトップス、アクセはコレ

日本テレビ系水曜22時「家売るオンナ」。 7月20日放送の第2話で三軒家万智(さ …

恋仲第2話ネタバレあらすじ感想あの頃みたいな俺たち夢とウサギ小屋

フジテレビ系月9「恋仲」。 7月27日放送の第2話あらすじ感想をまとめました。 …

リスクの神様第4話ネタバレあらすじ感想町が企業に依存して隠ぺい

フジテレビ系水曜22時「リスクの神様」。 8月5日放送の第4話あらすじ感想をまと …