桜井パパ俊氏が出馬しない本当の理由ジャニーズ家族商法にはならないのか

      2017/01/06

嵐の桜井翔さんの父親である桜井俊さんが、東京都知事選に出馬するとかしないとか、そういう話題でもちきりなのですが、結局のところ、ご本人は出馬を否定。

自民党が説得にあたっているとのことですが、断固拒否しているという話です。

今回は、桜井俊さんが都知事選へ出馬しない理由について考えていきます。

桜井パパ・桜井俊氏が都知事選へ出馬しない本当の理由

桜井俊(さくらいしゅん)

ƒ}ƒCƒiƒ“ƒo[§“xŽÀŽ{–{•”‚̏‰‰ï‡‚ɏoÈ‚·‚鑍–±È‚̍÷ˆärŽ––±ŽŸŠ¯‚S“úA“Œ‹ž“s

出典:http://www.huffingtonpost.jp/

まず、桜井俊さんについて。

群馬県出身。

1977年に東大法学部卒。

総務省総合通信基盤局長、情報通信国際戦略局長などを経験。

2013年6月総務審議官に。

2015年7月総務事務次官に就任。

2016年6月17日付けで退任。

桜井パパとして知られてしまっていますが、ご本人の経歴はそれだけでとても立派。

総務事務次官、事務次官ってトップですからね、

簡単に言ってしまえば、超エリートです。

出馬しない理由

スポンサードリンク

最初の報道では、「自分はそういう器の人間ではない」と出馬を否定していました。

桜井俊さんはとても仕事のできる方ですが、官僚であって、政治家ではありません。

官僚としての素質はあっても、それが政治家として、都知事としてどれだけ発揮されるかというところは、また別物であって、「器ではない」という判断は決して謙遜でもなく、ある意味最もなことです。

その後も自民党側は、説得に説得を重ねていましたが、桜井俊さんは断固拒否。

「家族の反対」や「息子のことを考えて」などとコメント。

しかし、結局のところ、これって後付けの理由であって、本当はやりたくない、とそれだけなのでは?と考えてしまいます。

猪瀬都知事や舛添都知事の件で、東京都知事はクリーンでしかも仕事ができる人、と期待され注目されていますが、あれだけいろいろあった後で、しかも、舛添さんが中途半端に投げ出してしまった後かたづけのような業務をすることになるわけで、メリットがないのです。

それに加えて、元タレントなどの都知事はもうこりごり…という都民の意見がある中での、桜井俊さんとなるわけですが、ご本人はタレントでもなんでもないですが、当選した場合の票の中に、嵐効果の票がないとは言えないので、実際のところ、ご本人の実力もあるにせよ、元タレント議員と似通ったような票の集め方になってしまうことは明白ですよね。

そういうことも、桜井俊さんにとっては納得のいくものではないでしょう。

ジャニーズ事務所としての反応は?ジャニーズ家族商法

スポンサードリンク

桜井俊さんの出馬に関して、ジャニーズ事務所的にはウェルカムムードであるという報道もありました。

桜井パパが都知事になることで、オリンピック関連で嵐の仕事が増えるだろうというそういう見解です。

都知事選だけに関すると、その間嵐のTV出演、特に櫻井翔さんのTV出演などは自粛せざるを得ないです。

しかし、これは一時的なものであって、総合的に考えるとメリットになるとそういうふうに考えている、と。

これって…どうなのでしょうか。

そもそもジャニーズ事務所は、規則がほかの事務所よりかなり厳しいことで有名です。

ジャニーズ事務所に所属している本人の副業は禁止されていますし、家族が「ジャニーズの○○の家族」として、それを売りに商売をしてしまうとそれも事務所的にはアウトです。

今までも、ジャーニーズ家族商法なんて言われていた例はいくつかありました。

嵐の相葉さんの実家が中華屋さんをやっている、NEWSの小山さんの実家がラーメン屋をやっている、また小山さんの姉は料理研究家のみきママでもあり…

関ジャニ∞大倉さんの父親は、大手焼き鳥チェーン鳥貴族の社長で、キスマイの玉森さんの弟やKinKi Kids堂本剛さんの姉はアパレルブランドをされていたり‥

基本的にそれは熱狂的なファンが調べたりした結果知れ渡ったことだったりして、ジャニーズ本人が家族の商売に関してTVなどで言葉で紹介したり宣伝したりということは、まずないからです。

そんな中、桜井俊さんが、「桜井パパ」とTVなどで言われていることに関しては異例中の異例であり、その「桜井パパ」の力を本当にジャニーズが利用しようとしているのであれば…それってなんだか…という感じが否めません。

事務所の規約に例外があるというのはどうなのでしょうね…。

まとめ

桜井俊さんの出馬の可能性は今はもうほぼない、と言えるでしょう。

実際のところ、桜井俊さんが、「桜井翔さんがアイドルとしてこの先あと30年活躍することを考えると自分が邪魔をできない」と言ったというのはとても美談に聞こえますが、言い訳ではないでしょうか。

何か問題を起こした場合、息子の桜井翔さんに迷惑がかかるのは当然のことですが、そもそも問題を起こすことは想定外なはずです。

今や嵐の人気はとても大きな1つの勢力とも言える状況だとは思いますが、その勢力を政治に反映するというのも少し違いますし、そういうことも含めて桜井俊さんはよく考えていらっしゃるのでしょうね。

 - TV・CM・エンタメ