リテイク最終回ネタバレ予想!薫・成海璃子は未来人?新谷・筒井道隆との関係や目的は?

   

フジテレビ系土曜23時40分オトナの土ドラ「リテイク」。

1月7日放送の第5話までの内容をふまえて、スマイリーや薫、新谷の関係に迫り、今後の展開や結末を予想していきます。

近くにいる未来人って誰?リテイク最終回結末までを予想&考察

未来人が法務大臣政務官・国東(通称・スマイリー、木下ほうか)の近くにいるのでは…だから、戸籍管理課が極秘で存在しているということはこれまでの伏線でもありました。

それもそのはず、未来人の存在、リテイクの存在を知らないかぎり、戸籍管理課を作れるわけもなく、でも、通常現代人がリテイクの存在を知るなんてことはできない、できたとしても信じることはできないし、未来人から知らされる以外にないんですから…。

そもそものその部分の矛盾に気づいたら、なぜスマイリーだけがそれを知っているのか、スマイリーのそばに未来人がいるのでは、と考えるのはまっとうです。

それだけではなく、薫(成海璃子)が何やら何か知っていそうな風に見せるおもわせぶりな撮し方…。

さらには、5話で登場した未来人・立野(鈴木浩介)と彩乃(芳本美代子)は、新谷(筒井道隆)の友人で、最後に意味深な言葉を…

「新谷さんってあの事故で…」

「きっと何かが起こったんだよ」

この言葉から推測できることは、1つ。

新谷は、事故で亡くなったはずの人物。

未来人である二人が生きていた未来では、新谷はもうこの時点で亡くなってしまっている、そういうことです。

新谷(筒井道隆)の事故って?

スポンサードリンク

では、なぜ、この現代では新谷が生きているのか…

それは、未来人が変えたから、です。

このことからわかることは、この新谷を事故で死なせないようにした未来人は、新谷を助けたかったからリテイクしてきたと考えられますよね。

ですが、ここで1つ気になるのは、新谷は2年前におそらく痴漢の冤罪で、今の戸籍管理課に飛ばされてきたはず、ということです。

(第1話で電車に乗ることができないとあったそのエピソードからの推測)

そもそも、新谷を助けたかった、のであれば、この痴漢の冤罪もなかったことにしたいはずではないでしょうか?

なのに、実際に、冤罪は免れていない…

このことから考えると、新谷が死ぬはずだった事故と、この痴漢の冤罪の時期はほぼ同時期であり、事故を防ぐための手段が冤罪だった、もしくは、事故を防ごうとした結果が冤罪になってしまった、ということではないでしょうか?

薫の正体と目的は?

ここまでをふまえて、整理すると、スマイリーの近くにいる未来人というのは、薫のことでしょう。

つまり、薫が新谷が死ぬのを阻止するために、現代へやってきた、ということ。

今新谷が生きる、現代は、薫の手によって変えられた現代ということです。

ではなぜ薫がそんなことをしようとしたのか?

リテイクというのは、リスクを伴います。

過去を変えることができても、戸籍もない状態でずっと生きていく必要があり、旅行ができないとか、家が買えない、借りれないなどだけでなく、結婚もできない…

なのになぜ?

それは、薫が新谷の娘だからです。

新谷には、別れた妻との間に1人娘がおり、名前は「はる」です。

会わせてもらえないので、車の中から娘の登下校を見るシーンは今までにもありました。

実際のところ、結婚していた当時は、新谷は仕事人間で、娘の手も握ってやらないそんな父親でしたが、娘のことを愛していないわけではないんですよね。

薫(はる)は、両親が離婚しないようにするのは自分には難しいと考えたのでしょうか。

離婚はしても父親は父親だから、それでいいと考えたのでしょうか。

離婚よりも何よりも、とにかく生きていてほしいとそう願ったのでしょうか。

きっと、ただ生きていてほしかったのです、自分の人生をかけて。

スマイリー(木下ほうか)と薫(成海璃子)の関係は?

スポンサードリンク

リテイクしてきた薫はいわば、おばけです。

その薫が現代人に混ざって、公務員として働いているのは、スマイリーのおかげであると考えるのが妥当です。

しかし、なぜ薫だけが特別扱いなのでしょうか?

スマイリーが立場上、未来人を取り締まるというのは、そこまで矛盾のあることには思えませんが…。

スマイリーにとって、薫の存在がプラスであるから、と考えるのが妥当ですよね。

薫にとっても、スマイリーにとっても、プラスだからこういう形で戸籍管理課が存在していて薫は特別扱いをされているということです。

薫にとってのプラスは、新谷が生きる現代と、その新谷のそばで自分が生きることのできす現代。

スマイリーにとってのプラスは、自分の出世などではないかと推測。

薫がこの先法務省内で起こること、日本の政治がどう動くか、などをスマイリーに教え、スマイリーはそれを利用して出世するつもりなのかもしれません。

最終回の結末はどうなる?

新谷は、今の段階で、薫が未来人だとは気づいてはいない様子です。

しかし、スマイリーの近くに未来人がいるとは考えていますし、そもそも、スマイリーの周りで秘密を知ってそうな立場にある人物って少ないですから、おそらく薫が未来人だと気づくはずです。

そして、薫がもしかすると自分の娘なのではないかとも気づくはず。

ちょっと生意気な部下だと思っていた薫が、実は自分の娘であると気づいたとき、新谷はおそらく薫のリテイクで自分の人生が変えられたことにも気づくはず。

そのときに新谷はどうするのか?

きっと、新谷は、きちんと元奥さんと向き合って、今までの謝罪をし、再びはるのためにもやり直そうとするのではないでしょうか。

そして、ラストには、再婚とまでいくかはわかりませんが、3人でまた暮らしはじめて…となりそうです。

薫は、はるとして生きていた未来で、母親の本心を聞いたりしていたのではないかと推測します。

大人になった娘に、母親が本心を話したのかもしれませんし、日記などを見たのかもしれません。

本当は離婚はしたくなかったことや、とても新谷を愛していたこと、なぜ離婚を決めたのか…

母親からそれを聞いた薫は、事故がなく、新谷が生きていさえすれば、自分の両親はまたわかりあえることがきっとできただろうと考え、そこに期待し、リテイクを決意したのでしょう。

そして、薫が変えた現代で、薫が望むようになる、娘の想いが届いたということになります。

ですが、現代の元奥さん、新谷、娘のはる、がやり直そうとするとなると、おそらく薫はこのまま新谷の部下として近くに存在し続けるわけにはいかなくなってしまい、最後は薫は他の未来人と同様に施設へ…。

新谷とはもう2度と会えなくなってしまいますが、新谷は現代のはると元奥さんと、幸せに暮らすことをきっと薫に約束しお礼を言ってお別れをするのです。

まとめ

いかがでしょうか?

結末、こういう感動あり、せつなさありな感じが、リテイクっぽいと思います。

おそらく、最終回のゲストはなしで、薫がおばけとして保護される対象となるのではないでしょうか。

涙涙の最終回となりそうですよ!

 - ドラマ関連, TV・CM・エンタメ, 2017冬ドラマ, リテイク 時をかける想い