ピコ太郎直伝正しいPPAPの振り付け解説【動画あり】

      2017/01/08

今や、毎日のようにテレビで見かけるようになったピコ太郎さん。

忘年会や新年会にPPAP(pen painapple apple pen)を披露しようとしている人も多いことでしょう。

今回は、ピコ太郎さん直伝の正しいPPAPの振り付けをお伝えしていきます。

簡単そうに見えるからと言って、適当にやっていては、なんとなくそれっぽいだけになってしまいます、人と差をつけるポイントをおさえていきましょう!

ピコ太郎直伝 PPAP振り付け解説

誰でも完璧にできるポイント解説

  1. 最初のpenは右手。親指人差し指中指の3本でつかみ、ペンの向きは横。
  2. appleは左手でちゃんと5本の指で掴む
  3. applepenのときはpenをappleに刺す。このとき、ペンはグリップの位置を持っているイメージの距離感で。
  4. そして、applepenを自分の右側にある台に一旦おく(台があるイメージで素早く)
  5. 次はペンは左手。
  6. pinappleは右手。このとき、pinappleは葉っぱの部分があるので、手は横から掴む。(缶を持つときの手のような)
  7. 刺すとき、pineappleを横に倒さずに、葉っぱが上を向いたままで横からペンを刺す。
  8. Pen-Pineapple-Apple-penのときは、pineappleとapple同士は刺さらないことをイメージして、肘を固定。
  9. ※この状態で、動画ではやっていないがライブのとき、ピコ太郎さんは、目線で、左から、Pen-Pineapple-Apple-penをなぞっているそう。
  10. 固定したまま、手の幅を変えずに、動かさず、足を動かして踊る。
  11. 一周したあと、このPen-Pineapple-Apple-penを上に、神様に捧げるようなイメージ。
  12. 神様が受け取ってくれると、Pen-Pineapple-Apple-penがなくなって、手が開放され…
  13. 最後にかわいい顔を。

これがピコ太郎さん直伝の正しい振り付けです。

スポンサードリンク

解説動画

ポイントがわかったら、実際に、一緒にやってみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

こんなにきちんとアップルやパイナップルを想定して踊っていたとはびっくりですよね!

1つ1つの動きに意味があるのがわかったら、ものすごく覚えやすいはずです。

誰よりも完璧なPPAPの振り付けをぜひ、忘年会・新年会で披露してくださいね。

ピコ太郎コスプレ衣装が購入可能な通販サイトについてはこちら

 - TV・CM・エンタメ, バラエティー, 音楽関連