情けは人の(ミステリーズ・向井理)原作小説のネタバレ!黒幕と赤堀の正体は?

   

4月22日放送フジテレビ系「ドラマミステリーズ~カリスマ店員が選んだ珠玉の一冊~」。

向井理さん主演の「情けは人の…」の原作小説は、今邑彩さんの短編小説「情けは人の…」です。

ここではドラマの原作小説のあらすじや結末のネタバレと、赤堀(あかほり)や昌彦(まさひこ)の関係、黒幕の正体についての考察もしていきます。

原作小説「情けは人の…」とは?

原作小説は、今邑彩「情けは人の…」です。

この小説は、「盗まれて」という短編集に収録されています。


盗まれて (中公文庫)

原作小説 主な登場人物

健史(けんじ)→ドラマ:向井理

大学受験に2度失敗し、3度目は受けずにバーテンをやっている男。

ツカハラ産業の社長である塚原幹雄の息子だが、母親は未婚で自分を産み、塚原幹雄との関わりはない。

赤堀一郎→ドラマ:小澤征悦

40代の中年男。

元ツカハラ産業の営業課長。

今は無職で借金もある。

塚原幹雄

ツカハラ産業の二代目社長。

塚原昌彦→ドラマ:大西利空(おおにしりく)

ツカハラ産業の一人息子。

塚原幹雄の2人目の妻・京子との間に生まれた子供で10才。

塚原京子

塚原幹雄の一人目の妻が亡くなった後に再婚した塚原よりも30才年下の女性。

昌彦の母親。

政治家の娘で美人。

スポンサードリンク

原作小説 あらすじと結末

誘拐のお誘い

ある日、健史が働いているお店に1人の男性客がいたが眠ってしまっていた。

ママはその男を置いて、「あとはお願いね」とパトロンと帰っていく。

健史は仕方なく、その男を起こして帰らせ、店じまいをしようとした。

だが、その男はなかなか起きてはくれない。

健史は男のポケットから財布が見えたので、会計を勝手にしてしまおうとしたのだが、財布をポケットからぬいたとき、その男は目を覚ました。

その男は赤堀と名乗った。

そして、自分のことをはなし始めた。

数年前までは「ツカハラ産業」の営業課長をしていたこと、だが、会社の都合で責任を押し付けられ退職金もなく辞めさせられたこと、それがきっかけで妻に逃げられたことなど…

それを聞いて、健史はドキリとした。

健史の父親はそのツカハラ産業の社長・塚原幹雄だったからだ。

でも、健史の母親は、未婚の母として健史を産み、健史を認知し母親にお店を一軒与えたもののそれ以外のことは何もしてくれなかった。

母親が亡くなるときも塚原幹雄は母親の見舞いにも来なかった。

赤堀は、健史に「3日間、仕事を手伝ってくれ」と言った。

報酬は500万だという。

赤堀は塚原幹雄に、退職金を払わせたいのと、自分が味わったのと同じ気持ちにさせてやりたいのだと説明した。

赤堀はなんと、塚原幹雄の息子を誘拐する計画をたてていた。

塚原幹雄には、年の離れた妻との間にできた今10才の男の子・昌彦がいる。

昌彦は塚原にとっては唯一の跡取りだから、昌彦のためなら1億でも10億でも出すだろうと赤堀は考えていたのだ。

その男の子を赤堀が誘拐し、赤堀の知人の別荘で3日間健史が世話をするということだ。

赤堀はお金を受け取って、3日間塚原にも子供を失った気分を味わわせてやりたい…その後昌彦はきちんと返すつもりだと説明した。

赤堀は実は自分にも子供がいたが事故で死亡したと話した。

自分が失業し、妻が働きに出るようになったことで息子の事故を防ぐことができなかったからだと…。

健史は赤堀の話にのることにした。

スポンサードリンク

誘拐実行

実行の日。

健史は赤堀の用意した知人の別荘で待っていた。

赤堀は車でやってきて、毛布にくるまれた男の子を渡してきた。

男の子は今眠らされているだけだという。

赤堀は連絡用の携帯電話を健史に渡すとまた行ってしまった。

これから3日間健史が昌彦の相手をする。

顔は見られないようにマスクをかぶることになっている。

健史は昌彦を連れて入るとしばらく昌彦を眺めた。

「これが俺の弟か…」と。

しばらくすると昌彦が目を覚ました。

「ボク誘拐されたの?お兄さんもあのおじさんの仲間なの?」

昌彦は健史のことを「お兄さん」、赤堀のことを「おじさん」と呼んだ。

昌彦は手足を拘束されていたのだが、鼻がかゆいからと手を外すよう言ってきた。

健史は仕方なく手だけ自由にしてやった。

昌彦の父親のこと

のどがかわいたというので赤堀が用意してきた牛乳をわたした。

「牛乳嫌い!」と昌彦。

「そんなこと言ってたらだめ。大きくなったらお父さんの会社つぐんだろう」と健史。

すると昌彦は、「継がない」と言った。

昌彦は自分は、塚原幹雄の子供ではなく、京子が浮気をして出来た子供なのだと説明した。

ページ: 1 2

 - ドラマ関連, TV・CM・エンタメ, スペシャル, ドラマミステリーズ~カリスマ店員が選んだ珠玉の一冊~, 原作