こどもの日の飾りはいつからいつまで、何歳まで?女の子はどうする?

   

5月5日はこどもの日です。

ゴールデンウイークの終盤、男の子の「端午の節句(たんごのせっく)」。

男の子を持つ親、家族にとっては、一大イベントのひとつでもありますね。

こいのぼりや五月人形を飾ったり、ちまきやケーキを食べたりするお家も多いでしょう。

今回は、こどもの日に関して気になる疑問「こどもの日の飾りはいつから飾る?」「こどもの日の飾りはいつまで飾る?」「こどもの日って男の子の日だから女の子はどうすればいいの?」にお答えしていきます。

こどもの日とは?由来や意味

まず、こどもの日は5月5日のことですが、端午の節句という言い方もしますよね。

現在、「こどもの日」と「端午の節句」は同じ5月5日のことを意味しています。

ただ、厳密には少し違っています。

端午の節句というのは、日本の昔からの風習、呼び方です。

こどもの日というのは、5月5日の祝日の名前で、5月5日のことをこう呼ぶようになり祝日と決められた戦後からのものです。

その昔、日本では、5月に流行病で亡くなる子供が多いといわれていました。

特に同じ数字が続く5月5日には、悪い意味があるとされて来ました。

そこで、その5月5日の端午の節句に、厄払いのため強い香りがある「よもぎ」と、忍耐や優しい心の花言葉があり武士の間で軍事を大切にしてきた尚武(しょうぶ)と同じ読み方を持つ花の「菖蒲」を飾り、生長を祝う行事を行うように。

「菖蒲」から「勝負」を連想すること、菖蒲の葉っぱが剣のように見えることもあり、男の子のための行事となって、今に至ります。

こどもの日の飾りはいつからいつまで?

端午の節句の飾りって?

「こどもの日の飾りはいつからいつまで?」
端午の節句の飾りと言えば、代表的なのが「鯉のぼり」と「鎧兜(よろいかぶと)」ですね。

この飾りにも、一つ一つ意味があります。

「鯉のぼり」は、非常に強い生命力を持ち、流れの速い川を上る力強さがある出世魚を表します。

子供がどんな環境にも耐え立派になることに祈り、立身出世を願う飾りです。

「鎧兜」は、昔の武家社会からの風習で、自分の体を守るための物とされてきました。

現代では、その意味から、交通事故や病気から大切な子どもを守るようにとの願いが込められています。

こどもの日の飾り付けはいつから?

こどもの日の飾りの時期は?と悩む親も多いのですが、地域によって多少違います。

一般的には、春分の日が終わり、お彼岸が過ぎた頃の3月20日前後から4月の中旬頃までに飾り付けます。

遅くても端午の節句の1週間前には飾り付けましょう。

せっかくの飾り付けですから、なるべく早く飾り付けた方が長い間楽しめます。

地域によっては、飾り付けは早ければ早いほうがいいとされていて、これは武将などとの関連で、「先手必勝」という言葉からきているものです。

スポンサードリンク

こどもの日の飾りはいつまで?

こどもの日の5月5日が過ぎると意味のないものとされているので、なるべく早く片付けることを心掛けましょう。

遅くても5月中旬頃、梅雨の季節になる前の大安か友引を目安にしてください。

天気の良い日にホコリや湿気を取り除き収納しましょう。

また、最近は武将や歴史に関心が増えてる方が多いので兜や鎧飾りのコンパクトなものは、インテリアや美術品として通年で飾る方も増えています。

こどもの日のお祝いは何歳までする?

7才まで説

昔の乳幼児は死亡率が高かったため、7歳までは「神のうち」とされてきました。

そこで数え年の7歳まで、飾り七五三の前に奉納する慣わしがありました。

成人まで説

成人まで、と言っても、20才ではなく、昔で言うところの元服まで、です。

元服は時代によって多少の違いがあり15才だったり17才だったりしますが意味としては「成人・大人」ということです。

現代では何歳まで?

現代では特別な決まりはありません。

家庭によってお祝いをする期間はまちまちですが、子供が興味を示さなくなる小学校高学年から中学生頃まで、が多いです。

季節の行事として考え、それぞれの家庭のスタイルでお祝いをすればよいでしょう。

スポンサードリンク

こどもの日 女の子はお祝いする?何もしない?

こどもの日は、「子供の人格を重んじ、子供の幸福をはかるとともに両親に感謝する日」とされています。

家族全員で子供の無事と成長をを感謝し、子供は両親へ育ててくれたことを感謝する日です。

伝統的な端午の節句は、男の子がすくすくと育ち、将来出世するようにと願いを込める日です。

飾られる五月人形や鯉のぼりなので、女の子の家庭で、大きな鯉のぼりを庭やベランダなどに飾ると、端午の節句の本来の意味から外れてしまうことになってしまいます。

これらのことから考えると、端午の節句としての、行事では女の子は当てはまらないのですが、こどもの日として家庭で季節イベントを楽しむ、という意味であれば、女の子のために飾り付けをしたり、お祝いをしたりするのはおかしいことではありません。

鯉のぼりや鎧兜などを飾りたい場合は、日本の伝統文化を継承する形で、小さなものや、手作りのものなどをつかって、ささやかにお祝いをすればいいでしょう。

男の子女の子にとらわれずに、家族でちまきや柏餅を食べるのもいいですね。

「ちまき」には古くからの歴史があり、中国から端午の節句が伝わったときから災いを除けるものとして食べられていたものです。

「柏餅」は子孫繁栄の願いが込められた縁起物です。

最近では、こどもの日のためのケーキなども販売されていますし、かわいく飾り付けたちらし寿司などをみんなでいただくなど、古来の風習にとらわれないお祝いの方法も幅広くあります。

本来の意味合いなどを知った上で、現代流に、わが家流にみんなで楽しむイベントとしてとらえればいいのではないでしょうか。

まとめ

こどもの日は、端午の節句と同じ日なので、少し紛らわしいですが、ちまきや柏餅の縁起物をいただきながら、子供の健やかな成長を祈り、感謝する行事としては変わりはありません。

昔ながらの風習にとらわれずに、それぞれの家庭の環境に応じて、お祝いをするのが理想的です。

一人っ子も増えていますから、女の子の行事、男の子の行事と分けてしまうと、単純にイベントが減ってしまいますから、今風に家族の思い出をつくり、コミュニケーションをはかるために男女関係なくいろいろと楽しんでください。

今回は、一般的な端午の節句の飾り付けや、女の子のご家庭でのお祝いの仕方をご紹介させていただきました。

参考にしてみてくださいね。

 - 便利情報関連