せいせいするほど愛してる海里・滝沢秀明の妻・三好優香役は誰か判明!事故の理由を予想

      2017/01/07

TBS系火曜22時「せいせいするほど、愛してる」。

7月26日放送の第3話で、タッキーこと滝沢秀明さんが演じている副社長の三好海里の妻、奥さんが入院中であることが判明しました。

それと同時に、橋本マナミさんが演じる遙香が奥さんではないこともはっきりわかりました。

※事故の理由考察を加筆修正しました。

海里の奥さん三好優香役は誰?

三好海里の妻・奥さんは、三好優香(みよしゆか)。

第3話のラストに病院でいろんな管を付けられた状態で眠っているところが映りました。

眠っている姿から女優さんが誰なのかわからない方もいたかもしれませんが…

木南晴夏

miyosiyuka

画像引用元:TBS

この方でした。

なんだか原作のイメージやタッキーのイメージとはちょっと違うような気もしますが…。

木南晴夏さんといえば、明るいものの、ちょっとひとくせある役、どっちかというと悪役だったりするようなイメージのある女優さんですよね。

優香と離婚しようとしていた理由・優香が事故に遭った理由

※加筆修正あり

スポンサードリンク

優香は、事故にあい、今のような状態となって、ずっと入院&治療を受けている状態です。

ではその理由は何でしょうか。

原作では、優香と海里は結婚したものの、優香は浮気をしてしまいました。

そして、それを知った海里は、優香を許すことができず、別居を切り出します。

2人は別居をしていたのですが、そのまま溝が埋まることはありませんでした。

優香と海里が事故にあった日。

優香が離婚に合意をし、そして、一緒に離婚届を出しに行こうとしていて車に乗っていたのです。

しかし、その道中、車のブレーキがきかず…

大きな事故となってしまいました。

ですので、本当ならば、事故にあわなければ、海里と優香は離婚が成立していた仲であり、実質、夫婦としての関係は終わっています。

ドラマでは、ここの事故の理由が原作とは違うのではないかと予想します。

離婚が成立している妹と海里の関係に、姉の遙香があそこまで固執するとも思えない部分もあり、ドラマでは、優香の事故の理由は、自殺未遂もしくは、心中未遂だったのではないでしょうか。

離婚しようとしていた理由は、原作の通り、優香の浮気かもしれません。

原作でも、優香は浮気をしたのはたった一度、のような感じで描かれています。

でも、そのたった一度でも、海里は許すことができない、とそういう感じでしたし、優香は本当は許してほしい、という風でしたから。

ドラマではそこが誇張されているのではないでしょうか?

今後、優香は目を覚まします。

そうなると、優香は海里とよりを戻したい気持ちがあり、そして、遙香もそんな妹に協力的。

海里はそんな優香に、愛情ではなく、情があり、強く突き放し離婚することができないのではないでしょうか。

でも、意識不明となった優香を「もう関係ない」と離婚届を出し、ほおりだすことができず…そのまま海里は夫として、優香のために、優香の治療費のために、自分が好きでやっていた建築家の仕事は辞め、ティファニージャパンの副社長へ。

優香は曲がりなりにも、妻です。

そして美亜は愛人。

気持ちは美亜にあるにしても、美亜の立場は弱く…

木南晴夏さんの意地悪そうな演技が、ここで発揮されることでしょう。

せいせいするほど愛している海里の秘密についての詳細はこちら

せいせいするほど、愛してる関連記事はこちら

 - ドラマ関連, TV・CM・エンタメ, 2016夏ドラマ, せいせいするほど、愛してる