IQ246は全何話で最終回の放送日はいつ?視聴率や打ち切りの可能性は?

      2017/01/08

TBS系日曜21時「IQ246~華麗なる事件簿~」。

11月27日放送の第7話を終え、マリアT(中谷美紀)と法門寺沙羅駆(織田裕二)の頭脳対決の行く末も気になるところながら、全何話であと何回放送があり、いつが最終回なのか、ということが知りたいところですよね?

ここでは、IQ246の最終回放送予定についておつたえしていきます。

IQ246は全何話?

IQ246~華麗なる事件簿~は、全10話予定となっています。

視聴率は?打ち切りの可能性はある?

  • 第1話 13.1%
  • 第2話 12.4%
  • 第3話 10.1%
  • 第4話 11.7%
  • 第5話 10.1%
  • 第6話 10.4%
  • 第7話 10.0%

視聴率は、初回が最高となっていて、それ以降、ゆるやかに落ちてはいるものの、2ケタはキープしている状態です。

キャストや、放送前の期待と比較すると、伸び悩んでいるのかもしれませんが、決して悪いわけでもなく、打ち切りになる可能性は0に等しいです。

ということで、予定どおりの全10話です。

最終回の放送日はいつ?

11月27日に第7話の放送を終えていますので…

第8話 12月4日

第9話 12月11日

第10話(最終回) 12月18日

となります。

スポンサードリンク

最終回の見どころは?

最終回の見どころはやはり、沙羅駆VSマリアTがとうなるかということでしょう。

IQ246の沙羅駆と、IQ300のマリアT。

沙羅駆は、醜い犯罪を嫌い、マリアTを敵視するどころかひどく憎んでいて、完全犯罪で殺してしまいたいとさえ言っていました。

そんな沙羅駆が、マリアTに勝つことができるのか?

頭脳だけでいくと、このIQの差はかなり大きいですが、マリアTが他人を使って沙羅駆と対決するのであれば、今までの犯罪のように、予定外(なのか、もしくはそれも本当は想定内なのか)の動きを犯人がしたりして、その小さな予定外の動きが、沙羅駆が事件を解決するきっかけとなってしまっています。

マリアTと沙羅駆の直接対決となるのであれば、それは命がけのものになるでしょう。

また、沙羅駆以上に賢正がマリアTをひどく憎んでいるので、それも含めると沙羅駆が有利にも思えますが…。

天才ゆえに暇を持て余し、生きていくことに価値を見い出せないという点では、マリアTと沙羅駆は似ている部分があります。

最終回の結末、マリアTに沙羅駆はおそらく勝てないでしょう。

これは、おそらくシリーズ化するor映画化するため。

IQ246は、続編を作るにはとてもいい素材が揃いすぎていますので、このままあっさり今クールのドラマだけでは終わらないのではないか?と予想。

マリアTが最終的に生きているのか死んでいるのかわからない状態で姿をくらまし、次回登場の際はまた全身整形っていうのもおもしろいですから。

賢正×沙羅駆のコンビはそのままに、護衛係やマリアTのキャストは変えてのシリーズ化もしくは映画化へとつなげるようなラストになるのではないでしょうか。

最後の最後に「この事件醜悪至極なり」と閉めるのか、他の名言が飛び出すのか、そこも楽しみなところですね。

まとめ

IQ246~華麗なる事件簿~の放送は全10話で、最終回放送予定は12月18日21時~です。

お見逃しありませんように!

 - ドラマ関連, TV・CM・エンタメ, IQ246華麗なる事件簿, 2016秋ドラマ