IQ246ネタバレM=13の正体は?マリアTと沙羅駆との関係も予想&考察

      2016/12/12

TBS系日曜21時「IQ246~華麗なる事件簿~」。

10月30日放送の第3話を終えた時点で、犯罪を犯すよう犯人にメールを送りつけている黒幕とも言える「13」の正体はマリアTと判明。

このマリアTの正体について予想&考察してみました。

NEW第9話までの内容をふまえての考察&予想はこちら

黒幕の「13」=MはマリアT!沙羅駆(しゃらく)との関係は?

13の人物像は?

第1話の事件から、犯人を操っている黒幕。

「完全犯罪の方法教えます」とメールし、その方法を伝授、相手が殺人を犯した後、またメールを送ってお金を要求している様子です。

犯罪を犯しそうな人を選んでメールを絶妙なタイミングでおくりつけている「13」。

なぜそんなことができるのかというと、PCやその他のカメラ的なものから盗撮しているんですよね。

あれは、「13」が仕掛けたカメラではなく、あらゆる場所のあらゆる映像をハッキングして見ることができるような頭脳の持ち主、ということを意味していると思われます。

そして、第2話で写った後ろ姿から、「13」の正体は女性でした。

マリアTと沙羅駆の関係は?知り合いなのか?予想&考察

スポンサードリンク

沙羅駆は、第1話で「13」と聞いてすぐにそれが「M」を意味すると読み解きました。

そして、第3話では、そのMの正体が、マリアTという人物であり、その人物が自分の姿をそのPCのカメラを通じて見ているであろうことを見込んでわざわざそのPCカメラに向かって話しました。

そのことから、13=Mまでは推理だったでしょうが、MがマリアTという人物であるというのは推理というよりは確信であることがわかります。

マリアTのことも知っているっぽい様子。

ストーリーとはそれますが、このドラマ、シャーロック・ホームズにかぶせてありまして、沙羅駆はシャーロック・ホームズ、奏子(和藤奏子)はワトソンです。

マリアTというのは、シャーロック・ホームズで言うところの黒幕、モリアーティ教授であり、もともとの登場人物一覧から、視聴者はそれが森本朋美(中谷美紀)だろうと目星はつけていたのです。

マリアTというその響きもモリアーティを連想させますし、森本という名前もモリアーティを連想させます。

また、マリア・TのイニシャルM・Tは、森本朋美のイニシャルと同じになりますよね。

このことから考えると、森本朋美は黒幕という、まあ、元ネタがシャーロック・ホームズにかぶせてあるということがわかっているとそのまんまな感じ…。

マリアTの動機を予想

こんなに単順ではないとも思えるのですが、13が誰というところではなく、別の動機とかそういうところに、何かおもしろさが隠れているのかもしれない、と考えました。

賢丈(寺島進)が、出てくるたびに口にしている「跡取り問題」。

跡取りを早くつくれ、ということですが、何やらあの口調では、「沙羅駆には相手がいる」ような言い方に聞こえませんか?

沙羅駆には、いわゆる家(賢丈が?)が決めた婚約者、いわゆるいいなずけ的な人物がいるとしたら…

でも沙羅駆はあの通りの人物ですから、そんな人がいたところで、自分がその人に興味がなかったり、結婚する気がなかったり、そういう制度に従う気がなかったりするという理由でばっさり断りそうではないですか?

このあたりから、沙羅駆のいいなずけのような存在がマリア・Tであり、でも沙羅駆がその気がないことから、マリア・Tは相手にされず、それだけでなくもしかしたら、会ってもらったこともないのかもしれません。

そのマリア・Tが、森本朋美。

森本はああ見えて実は家柄が結構いいところのお嬢さん。

森本朋美は、「沙羅駆の脳みそに惚れている」のです、それは、会ったことがないときから。

沙羅駆のまわりで、事件を起こせば、沙羅駆と会うことができる、と森本(マリア・T)は考えたのです。

森本にとって、ああいった事件を犯させることは、自分の憧れのいいなずけである沙羅駆とお近づきになる手段であり、自分に興味を持ってくれない沙羅駆へのアピールなのかもしれません。

森本は、自分自身に沙羅駆が興味を持ってくれるようになるまで、あの13として犯罪を起こさせる行動を辞めないのではないでしょうか。

スポンサードリンク

まとめ

13=M=マリア・Tは、監察医の森本朋美です。

その動機は、マリア・Tは、沙羅駆のいいなずけで、しかし、沙羅駆には一切その気がないため会ってもらったこともないため、気をひこうと考えたからです。

実際、事件を起こすことで、森本は、沙羅駆と会うことができましたし、それだけでなく、頻繁に会う関係となっています。

その度に、沙羅駆にアピールするものの、沙羅駆は一切とりあっていません。

森本の恋心がこの一連の事件の発端というわけです。

と、考えると…実はもしかしたら、賢丈がかんでいる可能性もあるかもしれませんね?

森本をさらにあやつっているのが賢丈だったということもあるかもしれません…。

他にも予想しています→第2話時点での予想・考察「13・M」の正体は誰?

第4話時点での「13・M・マリアT」についてや3年前のロンドンについて予想&考察

NEW第9話までの内容をふまえての考察&予想はこちら。

IQ246~華麗なる事件簿~関連記事はこちら

 - ドラマ関連, TV・CM・エンタメ, IQ246華麗なる事件簿, 2016秋ドラマ