IQ246第9話感想ネタバレと最終回結末予想沙羅駆はマリアTが好き?

   

TBS系日曜21時「IQ246~華麗なる事件簿~」。

12月11日放送の第9話のあらすじと感想をまとめています。

また、次回の最終回に向けての予想や考察もしています。

第9話 あらすじ

沙羅駆(織田裕二)は釈放された。

奏子(土屋太鳳)のことを認めた沙羅駆は、奏子の名前を覚えてくれた。

そんな中。

留置所で、マリアT(中谷美紀)が服毒自殺をはかった。

奏子のところにも、マリアTが死んだとの連絡が入る。

沙羅駆はそれを聞くと、「死体はどこだ?」と言う。

そのとき、御前会議の黒木がやってきた。

政財界の要人が手術のために入院することとなったのだが、敵も多いため、沙羅駆に秘密裡に警護の指揮をとってほしいという。

沙羅駆は「わたしは他の件で忙しい」と断る。

黒木は「その剣は警察に担当させます」と言うが「あいにくだが、この件はわたしが、警護こそ警察に」と沙羅駆は引き受けない。

「御前会議のあの方ですよ?」と黒木。

「くどい」と沙羅駆は黒木を帰らせた。

そして、マリアT死体を見に、足利のところへ。

解剖前の死体を見る。

沙羅駆はマリアTの顔に触れると、「剥がしてください」と言った。

マリアTの死体に見えたその女性は別人のもので、顔に特殊なマスクをかぶせられているだけだったのだ。

マリアTと病院の霊安室にあったものが入れ替えられている…

マリアTのことだから、犯罪予備軍を見つけ出し、脱出劇に手を貸してくれる人物を操ることは容易だ。

マリアTは生きている、行き先はわからないが…会話はできる。

沙羅駆は足利に頼んで、PCを用意してもらい、その前で話しかけることにした。

「ごきげんよう、マリアT死体の山に紛れ込み、ようやく逃げ延びたようだな」と沙羅駆。

すると、PCの画面がきりかわり、マリアTの姿がうつった。

「脱獄おめでとう、わたしを罪に陥れるために牢屋に入って、わたしの罪が晴れると牢屋から逃げ出したりと忙しいようだ。しかも、出口はいささか稚拙で卑怯だ。」と沙羅駆。

「挑発しても無駄だわ。だってあなたの大切なものがわたしの手の中にあるのよ。他人に心をゆるして、仲間が増えていった、それがあなたの弱点になった。人はいずれ死ぬものよ。そのことだけはすべての人に平等、遅いか早いかの違い。」とマリアT。

通話を終えると、「家に電話を」と沙羅駆。

賢正(ディーンフジオカ)が電話をかけると、なんと賢丈が車にはねられて病院に運ばれたという。

沙羅駆の表情は険しく…

そのころ、その病院には、御前様がやってきていた。

棚田(篠井英介)が警護の指揮をとっていた。

その様子をハッキングして見るマリアT…

また、病院にかけつけた沙羅駆たち3人。

沙羅駆の様子を見て、奏子は賢丈が沙羅駆にとってどんな存在なのかを感じとった。

「父は若さまを実の息子以上に大切にしていました。若様はきっとそれをお感じになられたのでしょう」と賢正。

「今さりげなく屈折した息子を自己表現したりなんかしたり?してます?」と奏子。

「若様は、口ではいろいろとおっしゃいますが、本当は奏子様のことを護衛係以上に大切に思われているんですよ。わたしが保証します」と賢正。

「どうしてわかるんですか?」と奏子。

スポンサードリンク

「それは、わたしも昔…」と賢正は昔のことを思い出していた。

賢正は、マリアTの指示により、沙羅駆を殺そうとしたことがあった。

沙羅駆に銃をつきつけたのだが、そのとき沙羅駆は「君はマリアTに騙されているだけだ。君は賢丈の息子だろう?君とは子供のころ一度出会ったことがある。わたしにはわかった。君は真偽を見定められる人間であると。覚えてないか、君があのとき言った言葉を…」とそう言ったのだ…

「昔何があったのですか」と奏子。

「なんでもありません」と賢正。

と、そのとき、病院の電気がついたり消えたり…そして全てが一旦消えた。

「マリアTだ。今のはモールス信号。HACKED、この病院の電源をハッキングした…患者全員の命をマリアTに握られた。オペ中の賢正の命も」

病院側は、この原因不明の停電のために、メイン電源を非常用電源に切り替えた。

再び電気はついたのだが…非常用電源はネットからは切断される。

「いよいよね、法門寺沙羅駆」とマリアTは笑っていた。

そのとき、賢丈は手術中。

賢正が様子を見にいくと手術室のドアは開かず…手術も続けられる状況ではなく、医師は一度閉腹する判断をしていた。

また、御前様もオペ中だった。

棚田は、黒木や医師の毛利に「何ものかがシステムをハッキングしているのかも」と話す。

そのとき、棚田に連絡が入る。

マリアTから脅迫状が届いているという。

「御前様の命を救いたければ、明日の朝9時までに日本銀行のデータベースにアクセスするパスワードを教えろと…マリアTは日本中の資産を我が物にしようとしているのだろうか…」と棚田。

そこで、棚田は奏子に電話をかけた。

沙羅駆に電話をかわる。

棚田は御前様の手術をしている病院の電源がマリアTにハッキングされ、御前様の命が人質にとられた状態で、マリアTが日本銀行のデータベースへのパスワードを要求していると話した。

「狙いは金」という棚田に「それはどうだろう、目に見えるものが真実とは限らない。」と沙羅駆。

「とにかく我々に力を貸してくれませんか」と棚田。

「お断りします」と沙羅駆。

「もし、断ったら、どんなことになるか…警視総監のわたしがこれほど頼んでもか」と棚田。

「肩書は関係ない」と沙羅駆。

「もうあなたには頼まない」と棚田は怒ってしまった。

電話を切ったあと、奏子は「問題になっているのはこの病院なんですよね?だったら同じじゃないですか?」と言う。

「わたしはわたしのためにのみこの頭脳を使う。そして、マリアTを倒す」と沙羅駆。

「それはすなわち、殺してもということですよね?若は奴に甘すぎます、もしさっさと奴の息の根をとめておけば、いくつもの命が救われたことでしょう。」と賢正。

「そう思ってついてきていたのだな?」と沙羅駆。

「わたしは若を裏切るつもりはありません、しかし、マリアTだけはこの命にかえてでも、殺します」と賢正。

「それは…」と沙羅駆。

「そのたのみだけはきけません」と賢正。

「ならんといったらならん」と沙羅駆。

「きけません」と賢正。

そして、賢正は「父をお願いします」と去っていく…

「わたしに逆らうというのなら仕方がない…」と沙羅駆。

沙羅駆はマリアTがどこかこの病院以外の場所からこの様子を見ているということで、マリアTの居場所を探すことにした。

病院内を歩いていると、女性と遭遇、

その入院患者はその日オペするはずだったようだ。

患者は医師が対応して別の部屋へと移動していった。

その後沙羅駆は、毛利のところへ。

スポンサードリンク

毛利は沙羅駆に「わたしを助けてください。あの方をたすけないことにはどうにも…」と言った。

「では、ご協力いただけますか。実は病院の内部にハッキング犯がいるようなんです、この病院に恨みを抱くようなものに心当たりは?」と沙羅駆。

「犯人の狙いはあの方では?」と毛利。

「主犯の狙いはそうです。ですが共犯の狙いがあの方だとは考えにくい。とすれば、動機はこの病院に関することかと。今日予定していた手術は30件、わたしの元執事とあの方のオペ以外は、全て直前にキャンセルされていた。確認したところキャンセルを指示した医師はいませんでした。つまり犯人によってキャンセルされていた。犯人は余計な犠牲者は出したくないようです。情にあつい人物…命を大切にする犯人、たとえば、医療ミスにより家族を奪われてしまった人物とか」と沙羅駆。

毛利は「心当たりはない」と答えた。

自宅へ戻った沙羅駆は、警察無線の傍受を始めた。

そのころ、棚田はサイバー対策本部を動かしマリアTの居場所をつきとめるよう指示していた。

また、秘密裡に特殊部隊を投入することにした。

その特殊部隊には、射殺許可命令が下された。

無線でそれを知った奏子は「ココ日本ですよ?」と驚く。

沙羅駆は「権力者ほど自分の保身のために暴走する」と話した。

そして…

警察へマリアTからメールが届く。

「私の射殺許可命令を出したわね

警察がそこまでするなんて意外だわ

取引をしましょう

森本朋美として、警察から盗んだデータを返す

その代わり、私の射殺許可命令を取り消して」

棚田は、「テロリストの要求には応じない、このままマリアTをおいつめるんだ」と言った。

その後、警視庁のサーバーがダウンし、ネットにつながらない事態がおきる。

「これから警視庁あてにくるメールの中に必ずマリアTはいるだろう。そしてそのメールをすべてこのPCに転送させる」と沙羅駆。

「さっきのメールは偽物よ?

わたしは射殺許可命令なんて恐れない

わたしは逃げも隠れもしないわ」とのマリアTのメールが実際に沙羅駆のPCに転送されてきた。

ページ: 1 2

 - ドラマ関連, TV・CM・エンタメ, IQ246華麗なる事件簿, 2016秋ドラマ