きらりんぐEYES

きらっと光るいろんな情報を紹介していきます

HOPE第8話感想ネタバレあらすじ鷹野専務の不正は疑惑監査部の結果は?

      2017/01/07

フジテレビ系日曜21時「HOPE~期待ゼロの新入社員~」。

9月11日放送の第8話のあらすじと感想をまとめています。

第8話 あらすじ

一ノ瀬(中島裕翔)は、江部(宮川一朗太)から書類を運ぶよう指示された。

同行した安芸(山内圭哉)が中を見てみると中身は契約書だったが、小さな会社にもかかわらず8000万円の仕事で、さらには手数料が高め。

キックバック…??

そう思ったとき、後ろには江部の姿が…

「何してるんだ?あきれた連中だな。そんなに人の仕事が気になるのか」と江部。

「この契約手数料が高すぎませんか?この契約なら通常は2%が妥当です」と一ノ瀬。

「新人が何言ってる?」と江部。

「新人から見てもおかしい数字ってことです。説明してもらえませんか」と安芸。

「そこはな、大手企業から独立した人が作った会社なんだ。その人のネットワークがあるからこそ仕事がとれている。多少利益を上乗せしてやるのは当然だ。財務と法務から承認を得た案件だぞ。新人と探偵ごっこしている暇があったらしっかりと教育しろ」と江部は書類をとりあげた。

「課長にはこのこと言うな。明らかな不正なら承認の段階ではねられる。悔しいけど、あの人の言う通りだ。」と安芸。

そのころ織田(遠藤憲一)は、鷹野専務(風間杜夫)のところにいた。

太陽熱発電の案件を引き受けることを伝えるためだ。

太陽熱発電事業は、汀洲社との合同プロジェクトとしてすすめている案件だ。

成功すれば今後与一物産の大きな収入源になるものだ。

汀洲社は、発電事業には定評があるものの、ソーラーパネルにがまだ力不足で、与一の力が必要だ。

「全力でパネルを確保してくれ。窓口は江部に任せる。」と鷹野。

「一つだけ聞かせてください。なぜこの案件を営業3課に?」と織田。

「お前がいるからだ。これからはもっと連絡を取り合おう、気軽に顔を出せ」と鷹野は笑った…。

遠藤は3課のみんなにこの事業の説明をした。

窓口は江部になると話すと、江部は「もちろんです。そのためにここに来たんですから。ただ、僕一人では手が回らないので、一ノ瀬を下につけてください」と言う。

織田は一ノ瀬を江部の下につけることを許可した。

江部は高品質のパネルメーカーへのつてが、国内と欧米にいくつかあると話す。

そして、今回の仕事は中国が関係する。

スポンサードリンク

中国の仕事は人脈が命だ。

そのために、お金を多く渡すことは暗黙としてある…。

課長はそういうやり方を嫌っているため今まで一ノ瀬はそれを知らなかったのだが、今回課長は仕方なくそれを受け入れている。

理由を一ノ瀬は安芸に聞くが「…超大型案件だからだよ」とごまかされた。

そんな中、一ノ瀬が仕事をしていると、一ノ瀬にカメラを向ける人物が…それは人見(桐山照史)だった。

人見は、鳴海(マギー)が取引相手からキックバックの金を受け取る瞬間を、カメラにおさめようとしていた。

営業3課は、高品質なソーラーパネルの確保に向けて動きだした。

また、資源2課では…

ベトナムの案件での打ち合わせの日程の連絡が入り、それは25日の17時からだった。

桧山(松田賢二)は香月(山本美月)に同行するよう言う。

しかし、課長が、その日、香月を接待に同行するよう言ってきた。

相手の部長は女好きだからという理由だ。

「その日はベトナムの案件で打ち合わせが」と香月が言うが「お前が行く必要ない」と課長はばっさり。

一方3課では、織田は入札前に大量のパネルの確保を指示。

「もし入札に失敗したら」と安芸は不安がるが「失敗を考えるな。いいか、なんとしても今週中にパネルのラインを確保するぞ」と織田。

一ノ瀬は織田がいつになく急いで仕事を進めようとしているように見えた。

そんな中、「業界最王手のメーカーがパネルの生産を決めてくれた」と江部。

「よくやった」と織田。

汀洲社の求めるソーラーパネルの条件を全てクリアしてあとは契約をかわすだけとなった。

スポンサードリンク

しかし…

問題が起こった。

織田に送られてきた1通のメール。

織田は至急江部を呼び話をすることにする。

汀洲社と与一物産の間に、仲介業者を入れることになり、その仲介手数料は2.5%。

この案件の与一物産のマージンは3%。

それなのに、さらに2.5%もとられてしまったら、与一の取り分はたった0.5%となる。

織田は、江部に説明を求めるが、江部は「知りませんよ、僕だってさっき聞かされたんですから」と言う。

「こんな契約に判は押せない」と織田。

「突き返すのはいいですけど、この条件は専務と向こうの担当者との間で決めた条件らしいですよ」と江部。

織田は鷹野のところへ。

鷹野は、間に仲介業者を入れることは了承済みで、外すことはできないと言った。

「エージェントを入れるのは汀洲社がうちと組む条件だ」と鷹野。

「だったらなぜ最初から言ってくれなかったのですか」と織田。

「言えばそこで納得してくれたのか」と鷹野。

その後、織田は、一ノ瀬と安芸から怪しい電話について聞くことになる。

江部宛てに何度も非通知で電話が入ってきていた。

相手は片言の日本語で、自分の名前も会社名も何も言わずに切ってしまう。

「この案件、どっか変ですよね?」と安芸。

「僕もそう思います」と一ノ瀬。

「何があってもこの案件はやり通す」と織田。

織田は、汀洲社が過去にエージェントを入れた案件があるのか確認するよう指示した。

ページ: 1 2 3

 - ドラマ関連, TV・CM・エンタメ, 2016夏ドラマ, HOPE~期待ゼロの新入社員~

スポンサードリンク

  関連記事

別れたら好きな人第28話ネタバレあらすじ感想チュンの元嫁が子供を連れてきた

フジテレビ系(東海テレビ)昼ドラ「別れたら好きな人」。 11月5日放送の第28話 …

地味にスゴイ校閲ガール第9話本田翼衣装はコレ

水曜22時「地味にスゴイ!校閲ガール河野悦子」。(地味スゴ) 11月30日放送の …

カインとアベル第2話3話4話5話ロケ地はココ!レストランや教会など

フジテレビ系月9「カインとアベル」。 撮影に使われたロケ地を調べました。 第2話 …

花粉撃退法マスク掃除換気空気清浄機服装食べ物の正しい対策

1月26日放送フジテレビ系「バイキング」で特集された「2/1から飛散開始?!今秋 …

好きな人がいること第9話感想ネタバレあらすじダイニングアウトとガラス玉

フジテレビ系月曜21時「好きな人がいること」。(好きこと・スキコト) 9月12日 …

恋仲第6話ネタバレあらすじ感想手紙が葵へ…合格祝いにあかりは来ない

フジテレビ系月9「恋仲」。 8月24日放送の第6話あらすじ感想をまとめました。 …

田中哲司のベース経験は?ラヴソングのバンド演奏は本当にしている?

フジテレビ系月9「ラヴソング」。 福山雅治さん演じる神代広平は元プロミュージシャ …

いつかこの恋を思い出して最終回結末ネタバレあらすじ感想母への手紙ハンバーグ

フジテレビ系月曜21時「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(いつ恋)。 …

コウノドリ第5話ネタバレあらすじ感想中学生14歳の妊娠出産特別養子縁組

TBS系金曜22時「コウノドリ」。 11月13日放送の第5話あらすじ感想をまとめ …

She第1話あらすじ感想松岡茉優の圧巻の演技と電波ちゃんが気になる

主人公不在のスクールドキュメントサスペンス フジテレビが新生土ドラ枠でしかけてき …