HOPE第7話感想ネタバレあらすじ江部と鳴海のキックバック疑惑

      2017/01/07

フジテレビ系日曜21時「HOPE~期待ゼロの新入社員~」。

9月4日放送の第7話のあらすじと感想をまとめています。

第7話 あらすじ

営業3課の企画が通った。

鷹野(風間杜夫)は営業3課に人員を回してくれたものの、その人物は、江部(宮川一朗太)。

企画のほうは順調に進み、店舗もオープンすることが決まった。

与一物産初の直営店となる。

江部にも織田(遠藤憲一)は指示を出すが「まだ出向先の仕事が残っているので手伝える状況じゃありません」と江部は断る。

「この事業のためにこの部署に来たんだぞ」と織田が言うと「わかってますよ。鷹野専務から直々に言われてここに来てますから。継続している仕事は続けていいと言われています。僕にしかできない業務なんで。手があいたら手伝います」と江部。

江部は、伝説の社員だ。

入社一年目で3億の仕事を一人で受注して成功させた経験を持つ。

しかし、その実力に警戒した社長が関連会社に飛ばしてしまい…それ以降江部はいい噂を聞かなくなった。仕事もさぼってばっかりだという。

織田は、部長に江部についての文句を言った。

部長はしぶしぶ「一ノ瀬は来年の3月をもって営業3課から抜けるんだ。来年の契約更新はしない。そう決まったんだよ。もともと一年契約だろう。一ノ瀬の代わりにちゃんと社員を入れてくれたんだ」と話した。

一方、鉄鋼2課では、桐明(瀬戸康史)の出した企画がはじめて承認された。

その日、二菱商事との打ち合わせがあり、そこに桐明も参加を許される。

また資源2課では、香月(山本美月)は桧山(松田賢二)に認められ仕事を振ってもらえるようになっていたのだが、それをよくは思っていない課長は、香月をお茶くみに使っていた。

二菱商事との打ち合わせにお茶を出しに言った香月。

スポンサードリンク

打ち合わせ相手の高瀬(長谷川朝晴)に声をかけられた。

高瀬は香月の元上司だ。

しかし、香月は高瀬にたいしてよそよそしい態度をとり、その後の様子もおかしい。

それを見ていた課長は、会議のあとで「どうして二菱を辞めたんだ?オンナ使ってたんだろう。どうせ桧山にも色目使ったんだろう?おかしいと思ったんだよ」と言う。

香月は怒って「今の発言撤回してください」と言う。

「上司に向かってなんだその口の聞き方は!!」と課長は怒鳴った…。

課長は桧山にも「お前しっかりしろ、オンナなんかに利用されるんじゃない」と言う。

また、営業3課は、食品2課と打ち合わせをする。

課長の白石(中村ゆり)は、在庫管理もすると話してくれるが、食品2課は今いろんな案件をかかえていて、白石の部下が反対をした。

それを聞き、織田は「在庫管理はうちでやる」と言い、打ち合わせのあとで「うちでやれることはうちでやるから」と白石に言った。

「力になれなくてすいません」と申し訳なさそうにする白石に、織田は「それより自分で仕事を抱え込まずに部下に仕事をふれ」とアドバイス。

「これくらい大丈夫です」と白石は言うが…織田は白石を心配していた。

その後、デスクで仕事をしている一ノ瀬(中島裕翔)に出先の江部から電話がかかってくる。

江部は「適当な理由つけて出て来い。大事な仕事を任せてやる」と社外に一ノ瀬を呼び出した。

指定されたビルへ向かった一ノ瀬。

そこは雑居ビルで、江部がいたのは、ビリヤードやダーツ、シュミレーションゴルフのできるお店だった。

江部は一ノ瀬に書類の入った封筒渡し、赤城プランニングという会社のポストに届けるよう言った。

そして「織田さんや安芸(山内圭哉)に余計なこと言うなよ、これも付き合いだ」と口止めした。

さらに「スター気取りはやめろよ。お前のせいで会社は混乱してる。みんな迷惑してるんだ。どうせ来年にはお前はいない。二度と余計なことするなよ。…まだ知らないのか。お前は所詮使い捨ての契約社員なんだ」と続けたのだった。

一ノ瀬は言われた通りに赤城プランニングに書類を届ける。

でも頭の中は、さっき江部に言われた”来年にはいなくなる”という言葉がぐるぐるしていた。

スポンサードリンク

本当なのか気になるものの怖くて聞くことができない。

また、その日、人見(桐山照史)は、出先の鳴海(マギー)に、鳴海のPCを操作するよう言われる。

「ファイルをメールで送れ」という内容だったのだが、そのときに人見は”新車納品書”というファイルを見つけてしまう。

思わず中身を見てみると、それは1000万越えの車の納品書だった。

その日人見は課長から鳴海に頼まれて作った書類について聞かれる。

「実績もないこんな小さな会社になんでいつも任せるのだろう」と課長。

その取引先はRuiファクトリーだった。

その日、香月は会議室を片付けていると、メールを受け取る。

相手は高瀬。

高瀬は香月を呼び出し「君が会社をやめてから気にしていたんだ。与一さんとは共同プランニングをするから何かあったらいつでも相談に乗るよ」と言った。

香月は「こういうの困ります」と言う。

「ごめん」と高瀬が言うが…。

一方、そのころ、一ノ瀬は社外に出ていたことで織田に問いつめられていた。

適当な理由を作ろうとするが、織田は信じない。

「どこで何をしていた?」と織田。

「書類を届けるように言われました」と一ノ瀬は白状する。

書類の中身は一ノ瀬もわからない。

そこに江部が戻ってきた。

ページ: 1 2 3

 - ドラマ関連, TV・CM・エンタメ, 2016夏ドラマ, HOPE~期待ゼロの新入社員~