犯罪症候群ネタバレ!season1原作小説誘拐症候群の結末とあらすじを紹介

      2017/05/15

フジテレビ系(東海テレビ)土曜23時40分放送の土ドラ「犯罪症候群」。

今回の土ドラは、wowowとの共同企画となっていて大注目です。

ドラマ「犯罪症候群」は原作小説があります。

貫井徳郎さんの「失踪症候群」「誘拐症候群」「殺人症候群」の3冊で、症候群シリーズの3部作。

ここでは、ドラマ「犯罪症候群 season1」の原作となっている「誘拐症候群」の小説ネタバレをまとめています。


誘拐症候群 <新装版> (双葉文庫)

失踪症候群のネタバレあらすじはこちら。

殺人症候群のネタバレあらすじはこちら。

ドラマ「犯罪症候群season1」の原作小説 貫井徳郎「誘拐症候群」の主な登場人物

武藤隆(むとうたかし)

元警察官。現在は托鉢僧。

高梨道典(たかなしみちのり)

ティッシュくばり。

20代後半。

既婚。奥さんは韓国人でヒョンスク。

本業は絵本作家。

磯村咲子(いそむらさきこ)

元保育士。

母親の介護のために仕事をやめて、実家で母親と2人暮らしで独身。

インターネットが唯一の楽しみ。

32才。

ジーニアス

小口誘拐の首謀者。

田村公平(たむらこうへい)

ごく普通のサラリーマン、既婚。

秋穂の父親。

環(たまき)

警察官。

武藤たち元警察官に特殊任務をさせるリーダー。

モデルのようなスキのない容姿をしている。

原田柾一郎(はらだまさいちろう)

環の任務で動いている元警察官。

表向きは私立探偵。

後藤俊和(ごとうとしかず)

磯村和子に子供を引き渡していた男。

倉持真栄(くらもちまさはえ)

環の任務で動いている元警察官。

表向きは私立探偵。

スポンサードリンク

ドラマ「犯罪症候群season1」の原作小説 貫井徳郎「誘拐症候群」の結末とあらすじ

武藤と高梨の出会い

新宿西口ちかくの地下通路で武藤は托鉢僧をしていた。

毎日12時間以上そこにたっている。

そのすぐ近くで、いつのころからか高梨道典がティッシュ配りをするようになっていた。

あるとき、武藤は風邪をひき、鼻水が出るのをごまかしごまかし、托鉢をしていた。

すると、高梨道典が「ティッシュどうぞ」と声をかけてきてくれた。

武藤はありがたくそのティッシュをもらった。

山上家の小口誘拐事件

山上靖男は平凡なサラリーマンだ。

妻と娘の加奈子と暮らしている。

あるとき、加奈子が誘拐された。

妻が目をはなしたスキに加奈子がいなくなったのだ。

その後犯人から電話がかかってきて、500万円用意しろと言われた。

電話の声は機械のような音声で、「警察には言うな」とも言われた。

山上と妻は500万円を用意して犯人からの指示を待つ。

次の日、犯人は、佐藤一郎という名前の銀行口座にお金を振り込むよう指示をしてきた。

山上と妻は指示どおりにお金を振り込んだ。

すると、加奈子が帰ってきた。

加奈子は何事もなかったように元気で、誘拐されていた間、どこかのマンションの一室で優しい女性とずっと遊んでいたと話した。

加奈子は傷ひとつない。

加奈子が帰ってきた後、また犯人から電話があり「警察には言わないように。警察に知らせたら今度は本当に娘の命はないと思え」と言われた。

山上は、結局警察には届けることなく、犯人の指示に従うことにした。

磯村咲子とジーニアス

磯村咲子は実家で母親の介護をしながら孤独に暮らしている。

そんな中での唯一の楽しみはインターネットだった。

インターネットでチャットをするのが趣味で、その中でもジーニアスという人との会話を楽しみにしていた。

ジーニアスは知性にあふれていて、磯村咲子はひそかに憧れていた。

ジーニアスは磯村咲子に仕事を頼むことがあった。

スポンサードリンク

高梨道典の家庭

高梨道典と武藤はティッシュをもらって依頼、あいさつ程度の会話をかわす仲になった。

あるとき、高梨道典が具合が悪いときがあった。

武藤はふらふらの高梨道典を自宅まで送っていくことにした。

高梨道典の自宅には、妊娠中の奥さんがいた。

もうすぐ子供が生まれるために、高梨道典は無理をしてティッシュをくばっていたのだ。

武藤は高梨道典を送り届けると奥さんと挨拶だけをしてその日は帰宅した。

後日。

高梨道典は武藤を居酒屋に飲みにさそった。

先日送ってくれたお礼だと言われたが、武藤は托鉢中のためウーロン茶ならと付き合うことに。

そこで、高梨道典は自分が絵本作家であることなどを話してきた。

ジーニアスが磯村咲子に頼む仕事

磯村咲子がジーニアスの頼まれる仕事は子供の相手だった。

ジーニアスは、玩具メーカーにつとめているらしく、おもちゃのモニターの子供の監視役を磯村咲子に頼んでいた。

磯村咲子は指示された時間に、指示されたマンション(ジーニアスの会社のマンションらしい)に行き、郵便受けに入っている鍵で、マンションの部屋の中に入る。

すると、そこに、男性に連れられた子供がやってくる。

磯村咲子はその子供と丸一日一緒に過ごしながらおもちゃで遊ぶ様子を見ている役割で、モニターが終わるとその子供を指定の駅まで送っていくのだった。

過去に4度このような仕事をジーニアスに任せられた。

今回の子供は、女の子だった。

いつものように子供とおもちゃであそび、子供を送り届けて、任務を終えると、磯村咲子はジーニアスに子供のモニターの結果報告をチャットでした。

スポンサードリンク

田村公平の娘の小口誘拐

田村公平は妻と娘・秋穂の3人暮らし。

ある日。

田村公平の娘の秋穂が誘拐された。

妻が目をはなしたスキに秋穂はいなくなり、その後、犯人から700万円が要求された。

犯人の電話の声は機械の声で、警察には言うなと口止めされた。

そして、翌日、再び犯人から連絡が入り、佐藤一郎名義の口座へお金を送金するよう指示される。

指示に従うと秋穂か帰ってきた。

その後さらに犯人から連絡があり、警察には言わないよう言われたた。

だが、田村公平は、警察に通報した。

受け取り口座名から犯人を割り出してもらうつもりだったのだ。

しかし、その口座の名義人の住所は私設私書箱であり、そう簡単に犯人は尻尾をつかませてはくれなかった。

高梨道典の素性

ある日、武藤が托鉢僧として立っていると、いつものように高梨道典もティッシュをくばっていた。

すると、そこに黒塗りの車がやってきて、男性が降りてきて「道典様」と声をかける。

その男性は桜井という男性で、どうやら高梨の家の使用人のような感じだった。

高梨道典は父親との折り合いが悪く、家を飛び出したようにそのやりとりを見ていて武藤は受け取った。

高梨道典の祖父である「会長」と呼ばれる人物が危篤ということで、高梨道典は桜井に連れられ、車にのりこみ去っていった。

ページ: 1 2 3 4 5

 - ドラマ関連, TV・CM・エンタメ, 原作, 2017春ドラマ, 犯罪症候群