きらりんぐEYES

きらっと光るいろんな情報を紹介していきます

Chef(シェフ)第9話感想と最終回予想星野光子はラレーヌに戻るか?

      2017/01/08

フジテレビ系木曜22時ドラマ「Chef~三ツ星の給食~」。

12月8日放送の第9話のあらすじと感想をまとめています。

第9話 あらすじ

奥寺(豊原功補)が星野光子(天海祐希)の屋台へやってきた。

奥寺は自分が光子を裏切る形になったことを謝罪した上で「助けてください」と言った。

もうすぐ今年のザレッドスターガイドの星の審査がある。

しかし、奥寺はこのままでは、ラレーヌは料理の独創性がクリアできないだろうことから、光子がかつて考えていたレシピ「三種の神器のトゥルト」を使うことにしたと話した。

光子は「私のレシピを使うなら完璧にしてよ」と言う。

奥寺は。今まで光子の他の料理は、お客さんを満足させられるほどのレベルに再現をしてきたのだが、三種の神器のトゥルトだけはどうしても再現できていない。

光子はそれを聞くと、「オーブンを200℃から250℃に変える時間、それからパイを休ませる時間に注意。頭で考えすぎ」とアドバイス。

「どうして星野シェフは次から次へと料理を思いつくのですか」と奥寺。

「料理を作ってて楽しい?」と光子は聞く。

そして、「わたしは楽しい。作ってると、次から次へとアイデアがひらめいて、楽しくて仕方ない。三種の神器に代わる料理なんていくらでも作ることができる。自信もって、思い切り楽しんでつくりなさいよ」と光子は言った。

ある日。

荒木(遠藤憲一)がため息をついていた。

地産地消キャンペーンということで、地元の食材であるセロリを使った料理を給食へ入れようとしていたのだが、いかんせん、セロリは子供たちが大嫌いな食材で、残食率もとびきり高い残食王。

他の学校でもセロリのメニューは苦労しているのだ。

頭を悩ませる荒木だったが、光子は「わたしが残食王の汚名を晴らす」と乗り気だ。

その日、荒木はセロリ農家の人からセロリを仕入れた。

農家の人もセロリが子供たちの苦手なものだとわかっている。

「なんとかしてくれよ」と荒木に言って、去っていく。

光子の屋台は絶好調。

常連さんたちは「お店出さないんですか」と聞いてくる。

光子は「来年あたり出しちゃおうかしら」と話す。

しかし、その日の夜、荒木から緊急召集がかかった。

屋台の営業後、光子は荒木のところへ。

みんな揃っていた。

スポンサードリンク

「うちの給食がなくなる」と荒木。

今は学校ごとに作っている給食だが、早ければ今年度いっぱいで、それは廃止となり、給食センターの給食となるという。

給食センターに移行すれば予算面が大幅にカットできるのだ。

調理補助たちは、給食がなくなれば、働き口がなくなるということを意味している…

荒木は栄養士の資格があり、晴子(川口春奈)は就職が決まっているので大丈夫そうだが…。

結局のところ、給食のことは市が決めることであり、どうすることもできないのが現実だ…

一方、奥寺は、篠田(小泉孝太郎)に自分の作った三種の神器のトゥルトの本当の感想を聞く。

篠田は、完璧じゃない、と素直に答えた。

奥寺は光子にアドバイスをもらってきたことを話す。

そして、いくらでも新作を考えることができると話していた光子のことを「あの人はやはり最高のシェフです」と奥寺。

その日も光子は、早朝から一人で給食の仕込みをした。

だが、小松(荒川良々)はショックから仕事を休んだ。

出勤してきた他の調理補助たちも、実際のところは先が不安で仕方なく、仕事にならない状況だ。

そんなみんなの様子を見て、光子は言った。

「あなたたちのこと、ポンコツだとは思っていたけどここまでポンコツだとは思わなかった。お客様にお店の都合は関係ない。」と光子。

「こいつのいう通りだぞ」と荒木。

しかし、みんな子供たちのことよりも自分たちのことで精一杯なのだ。

しっかりしているように見える荒木でさえも、セロリのレシピはまだ未完成…

「しっかりしてよ」と光子。

その日の深夜。

光子は屋台の営業を終えると荒木のところへ。

「セロリのレシピは?献立は?」と光子。

荒木は「何時だと思っているんだ」と言うも、光子はかまわず勝手にキッチンに立って料理を始め、荒木に晴子も呼ぶよう言う。

光子はセロリの料理を作って、試食会を始めた。

セロリのコンソメスープ、セロリと魚介類のパスタ、セロリとトマトと牛肉の煮込みの3品。

セロリとは思えないくらいおいしく、セロリが苦手な晴子も食べることができる。

「それでよかったら給食に出してもいいわよ」と光子。

しかし、これだと一人前1500円くらいだ。

荒木は予算オーバーだと文句を言うが「だったらあなたが予算にはまるようにしたら?それがあなたの仕事でしょう?」と光子は言う。

「わかった、考える」と荒木はキッチンに立った。

そうして、荒木は料理をつくりながら思う。

「なんとかなる」と。

一方、調理補助たちはそれぞれ新しい収入源を作ろうと必死だった。

また、光子はいつもの公園を通り…ボールがまたあたった。

しかし、その日はサッカーボールではなかった。

サッカー部が部員不足でなくなるかもしれないという。

「まだなくなってないでしょう?なくなるからって練習しないの?…あなたたちサッカー好き?サッカーしていると楽しい?」と光子。

「楽しい」と男の子たち。

光子は小さなゴムボールでリフティングを始めた。

スポンサードリンク

そして、ゴール…

しかし、全くゴールとは別の方向へ…

「自分の気持ちに正直なら困難だって立ち向かえる」と光子は言った。

そのころ、奥寺は光子のアドバイスで作った三種の神器のトゥルトを篠田に食べさせていた。

「これはうまい。すばらしい…しかし、これでは三ツ星はとれない」と篠田。

「わたしもそう思います」と奥寺。

「わたしはずっと星野シェフのもとで何度も料理を作り、皮膚感覚であの人の料理を覚えてきました。」と奥寺は続けた。

「つまり、3種の神器のトゥルトは、星野光子がいない限り完成はしない」と篠田。

「星野光子、あの人の代わりには誰もなれないんです」と奥寺。

そんな中、ザレッドスターガイドの審査員は、光子の屋台へふらりと入る。

光子はその二人の顔に見覚えがあった。

ラレーヌにも来たことのある顔…「あなたがたわたしの大ファンですね」と光子は言うが…

また、一方で荒木のセロリのレシピは完成。

屋台後、光子は荒木のところで新作の試食をする。

セロリと鶏肉のロール焼き。

「いける」と光子は言うが「味が単調かな」と付け加えた。

そして、トマトソースがいいのではないかということになり、光子と荒木は一緒にキッチンに立って、料理を始めた。

すると、そこに日高(池田成志)と猪原(伊藤修子)、馬場(市川しんぺー)が、眠れないからとやってきた。

小松はこなかったが、小松はちゃんこ番として相撲部屋にお世話になろうとしていた。

日高、猪原、馬場も、まだ次の収入確保はできていないと話す…

荒木と光子はお互いにアイデアを出しながら、楽しそうに料理をしていた。

彩りを添えるために薄焼き卵を一緒に巻くとか、パセリを入れてみるとか、アイデアはつきない。

そうして、セロリが給食に出る日がやってきた。

光子は早朝「打倒残食王」と気合を入れて仕込みを始めようとしたのだが、そこになんと荒木と晴子の姿が。

3人で仕込みを始めた。

一方、日高は朝通勤途中で猪原と会い、「昨日みのる(小松)を見かけたんだ。笑ってた。決まったんだよ、ちゃんこ番の仕事、それを黙ってやがる」と話す。

そのころ、小松は馬場と会い、「日高さん見かけてさ、一人で笑ってたんだ。ヒモになるあてができたんだよ」と話す。

だが、実際のところは、小松はちゃんこ番が決まっていないし、日高はヒモになるあてなんていない。

笑うしかないから、笑っていただけ…。

そのとき、小松に通学途中の子供が声をかけてきた。

「今日の給食セロリでしょう?嫌いだけど楽しみ」と女の子は話す。

今まで嫌いだった給食のメニューでも光子が作ったもので食べることができるようになったものはたくさんあるからなのだ。

「セロリがどんな味になるのか、楽しみにしてます」と女の子。

また、日高にも別の子供たちが話しかけてくる。

「この学校の給食なくなるって本当なんですか?なくなるなんて悲しい」と子供たち。

子供たちは、光子が作ってきた最高においしい給食のメニューをズラリと並べて「もう食べられなくなるなんて…」と言った。

そう、光子たちは、子供たちが苦手なものを食べることができるように改良しただけでなく、「最高においしく」してきたのだ。

スポンサードリンク

みんなで一緒に作る給食はもうおすぐ終わってしまう…そんなことを考えていると小松はひらめいた。

調理場へつくと光子に、チーズを入れることを提案。

光子はOKし、小松は大量のチーズを仕入れにいった。

小松だけでなく、猪原も、馬場も日高も、やる気で給食作りに取り組み始めた。

「なんだかんだ言ってみんな好きなんだ、この仕事」と荒木は笑う。

その日の給食作りはとてもスムーズに進んだ。

ポンコツらしからぬ働きだ。

また、調理途中に光子がホイル焼きにすることを思いつくと、文句を言うことなく手間をかけてくれた。

そうして、給食が完成。

子供たちに配られることとなった。

セロリのメニューはセロリと鶏肉のロール焼きホイル包み。

セロリの生産農家の男性も子供たちが食べる様子を見にやってきた。

「残せるものなら残してみなさい。わたしたちがつくったセロリ汚名返上給食!」と光子。

光子はその日、はじめて、わたしたち、たち、と言ったのだった。

給食は子供たちにも大好評。

「最高においしい!」と子供たち。

セロリ農家の男性は「子供たちからこんなにおいしいって言ってもらったことない。しかも、最高になんて」と喜ぶ。

残食王に大勝利した。

「この学校の給食ってすごくないか?どの学校でも残されていたセロリを子供たちがあんなにおいしいって。こんなこと俺たちにしかできない。俺はこの学校で給食を作りたい。給食センターに移行するのは確かに悪くないのかもしれない、でも、この学校で俺たちの給食が出せなくなる。このメンバーだから最高の給食を作ることができる。首になることが悲しいんじゃない。みんなと一緒に給食をつくれなくなることが悲しいんだ」と小松は泣いた。

このメンバーだからこそ給食作りが楽しくできるというのはみんなが考えていたことだった。

「どうにかならないですかね」と小松は荒木に言う。

しかし、「どうにもならない…」。

しんみりしていると、子どもたちが校長に「給食をなくさないで」と訴えていることを知る。

みんなでそこへ駆けつける。

子供たちは荒木や光子たちの姿を見ると、「給食をなくさないで」と言いながら迫ってくる。

実は、テレビ曲にも給食のレシピを楽しみにしているとの声が多数あり、保護者の中でもその声は多い。

「声がばーっとあがれば何とかなるんじゃないのか」と荒木。

「そうですね、三つ葉小学校の給食をもっとアピールしてはどうでしょう」と矢口はは提案した。

給食を多くの人に食べてもらう地産地消給食イベントを行い、それをテレビで放送するのだ。

その場にいたセロリ農家の男性も、他の仲間に声をかけ全面的に協力すると言ってくれた。

三つ葉小学校の給食は残す価値があると、そう多くの人が理解したら…何かかわるかもしれない。

晴子の提案で、イベントはクリスマスに行われることになった。

「じゃあわたしがすばらしいクリスマスにしてあげちゃうわよ」と光子。

「俺たちの力、見せつけてやろうぜ。絶対にうちの給食、なくさせないぞ」と荒木。

調理補助たちもみんないつのまにか笑顔になっていた。

その日の帰り…

篠田が光子を待ち伏せていた。

「三ツ星の総料理長として、ラレーヌへ戻ってきてくれないか」と篠田は光子に言った。

感想

スポンサードリンク

いつのまにっていうくらい、給食チームが結束。

なんだかんだで、光子と荒木はお互いを認め、協力もできるようになっていて、それだけでなく、他の調理補助たちも、光子にふりまわされるのはまんざらでもない。

しかし…

これってどうなんでしょうね、相手は市ですし、結局のところは金銭面の問題があるので、移行する方向なのではないかと、それこそ簡単には覆らないはず…

それに、もし、給食を残すということになれば、光子はずっと給食を作ることになりますよね。

光子ありきの給食ですから、光子が抜けてしまうと、価値がなくなってしまいそうです。

来週は、いよいよ最終回。

見どころは…

  • 三つ葉小学校の給食がどうなるのか
  • 光子はラレーヌへ戻るのか
  • 光子は今後どうするのか

主にこの3点です。

まず、ラレーヌへ戻ること、光子は悩まないこともないでしょうが、断るはず。

光子のことを必要としている理由が、三ツ星をキープするためでしかありませんからね、そんな篠田の言うこと聞いたら、いつまた何かのタイミングでわなにはめられるかわからないです。

光子は料理をすることができたら、それだけで楽しいわけです。

整った環境での料理よりも、多少のトラブルなどがありつつも作る料理のほうが実は楽しいと感じているでしょう。

イベントが成功

→給食は存続できない

→ラレーヌを断る、それどころか、奥寺を引き抜き

→光子は奥寺と一緒にお店をはじめる

→荒木は、料理の楽しさを思い出し、調理補助たちと一緒に居酒屋を再開

給食は、結局のところ、光子ありきで、みんなが毎日あの早朝から仕込みをするわけにもいかず、現実的には光子なしでは存続が不可なため、光子の給食への思い「おいしいものを作る」という気持ちは市としてもくんでもらえるものの、存続はできず、給食センターへ移行となるでしょう。

奥寺は、自分が楽しで料理を作っていなかったことに気づき、そして光子のすごさを改めて感じて、光子からまた学ぶことにします。

晴子は、せっかくの就職をけってまで給食を続けるということは考えにくいです。

荒木は、自分の店を再びはじめることにして、職を失って露頭に迷う調理補助3人をひきうけることになりそう。

いずれにせよ、荒木は、店の再開をしそうです。

給食が残る、という形でのハッピーエンドではないにしても、まずまずのハッピーエンドとなることを予想します。

 - ドラマ関連, TV・CM・エンタメ, 2016秋ドラマ, Chef ~三ツ星の給食~

スポンサードリンク

  関連記事

ダメな私に恋してください第5話三浦翔平衣装部屋着はコレ

TBS系火曜22時「ダメな私に恋してください」(ダメ恋)。 2月9日放送の第5話 …

リスクの神様第2話ネタバレあらすじ感想相関図異物混入西園寺の敵は?

フジテレビ系火曜22時「リスクの神様」。 7月15日放送の第2話あらすじ感想をま …

ダメな私に恋してください第6話深田恭子衣装ニットバッグ部屋着はコレ

TBS系火曜22時「ダメな私に恋してください」(ダメ恋)。 2月16日放送の第6 …

お弁当おかず冷めてもおいしいワザコツハンバーグマカロニサラダ鮭竜田揚げ

TBS系「この差って何ですか?」で、9月20日に放送された「主婦の弁当とプロの弁 …

久保田秀敏のプロフィールや筋肉画像!彼女や結婚、アニメイトのそっくりさんは?

2017年注目すべきイケメン俳優さんをピックアップ! 今回は、舞台「私のホストち …

新・牡丹と薔薇第29話ネタバレあらすじ感想綱暉が刺される

フジテレビ系(東海テレビ)昼ドラ「新・牡丹と薔薇」。 1月13日放送の第29話あ …

別れたら好きな人第18話ネタバレあらすじ感想夫婦間の愛って?

フジテレビ系(東海テレビ)昼ドラ「別れたら好きな人」。 10月22日放送の第18 …

地味にスゴイ第8話感想ネタバレあらすじ森尾の好きな人は?桜川葵が原作と違う!

日本テレビ系水曜22時「地味にスゴイ!校閲ガール河野悦子(地味スゴ)」・ 11月 …

明日もきっと、おいしいご飯第24話ネタバレあらすじ感想隆との再会

フジテレビ系(東海テレビ)昼ドラ「明日もきっと、おいしいご飯~銀のスプーン~」。 …

ラヴソング第7話ネタバレ感想さくらの病気は咽頭癌?今後の展開は?

フジテレビ系月9「ラヴソング」。 5月23日放送、第7話のあらすじと感想、さくら …