きらりんぐEYES

きらっと光るいろんな情報を紹介していきます

嵐の涙第27話ネタバレあらすじ感想迷子の迷子のおまわりさん

      2017/01/05

フジテレビ系(東海テレビ)昼ドラ「嵐の涙」。

3月8日放送の第27話あらすじ感想をまとめました。

第27話 あらすじ

まき(遠藤久美子)と里子(佐藤江梨子)が1階ロビーに降りると陶芸教室はもう終わっていた。

「大成功でしたよ」と剛太郎(宅間孝行)はまきに言う。

宮崎(斉藤陽一郎)は窯焚きをすると張り切って急いで帰ってしまっていた。

春子(ほの花)はまきと里子が何を話してきたのかと聞く。

里子は予防接種のときに一緒にした健康診断のことだと説明。

春子は「健康診断していただいてありがとうございました。それで春子は健康?」とまきに聞く。

まきは「健康」だと話した。

その後、春子と里子は、枝川家で食事をごちそうになる予定だった。

枝川家への移動中、剛太郎はまきに腕を貸し気遣いながらエスコートして、二人は歩いていく。

その後ろ姿をまきは眺めていた。

そのころ、宮崎は釜焚きを始めていた。

また、藤村はスナック順子に来ていて、カラオケを歌っていた。

歌い終えると、藤村は順子(宮地真緒)に乾杯をしようと言う。

「何かいいことでもあったんですか」と順子が聞くと「弟子が窯焚きを始めたんだ。」と藤村。

「お客さん、陶芸家さんか何かですか」と順子。

「どうしてそれがわかったんだね?」と藤村。

「常滑で窯焚きって言ったらすぐにわかります。じゃあ、窯焚きの成功を祈って」と二人は乾杯をした。

枝川家に着いたまきたち。

食事の用意ができるまで、春子はすみれ(舞優)の部屋へ、剛太郎大造(雷竜太)の部屋へ行き、里子はまきの部屋へ。

「先ほどは里子さんのお気持ちも考えず一方的にお話をしてごめんなさい。でもわたくし…」とまき。

「わたしはまきさんからお聞きしたお話、信じるつもりはございません。今はそのほうがお互いのためにいいと思うんです。ただ自分ひとりで秘密をかかえているのが辛いという理由だけで秘密を共有したとしてもそれは単なる気休めにしかならないと思うんです。だってお互い秘密を共有したとして問題の解決には何ひとつならないんですから。それに、万が一わたしがまきさんの秘密を漏らしてしまうということは考えられませんか。」と里子。

「わたくしは里子さんがそんなことをする人だとは思っておりません。わたくしは里子さんのことを全面的に信頼しております。里子さんはわたくしのことを信頼してくださらないんですか。」とまき。

「わたしもまきさんのことを信頼しています。まきさん、もし、わたしが別の秘密を抱えていたとして。その秘密を守るためにまきさんを裏切ると考えてみてください。あくまでも可能性の話です。実際にはわたしは何も秘密を持ってはいません。」と里子。

「わかりました。わたくしも里子さんがおっしゃるようにこれ以上話を蒸し返すのはやめにします。ただ私の相談はこれからものっていただけますか」とまき。

「はい」と里子。

そのころ、すみれたちは…

「すみれちゃんの学校で流行っていることとかない?」と春子は聞く。

「秘密詩人の会を作るのが流行っているのよ。秘密を織り込んだ詩をつくって信頼できる友達同士で会を作って発表するの。」とすみれ。

「秘密ってどんな秘密?」と春子。

「わたくしはお父様とお母様の娘ではありません、とか。」とすみれ。

「学校にそんな子いるの?」と春子。

スポンサードリンク

「嘘に決まってるじゃない。みなさん嘘の秘密を使って悲劇の主人公になったつもりで詩を作るのよ。」とすみれ。

すみれは「ひみつ詩人の会」と書かれたノートを春子に見せてくれた。

わたしは王女さま

南の島の王女さま

子供のころ病院で取り違えられて日本の庶民の家で暮らしているの

いつかきっと王子様がわたしを連れ戻してくれる日を待っているの

葉山かえで

わたしは橋の下に捨てられていました

だからお父様とお母様の娘ではありません

白井ゆり

「みんなお父様とお母様の娘ではありません、が多いね」と春子。

「それだけ嘘の物語が作りやすいのかもしれませんわね」とすみれ。

「すみれちゃん春子と秘密詩人の会つくろう!」と春子。

「すみれと春子さんと二人だけの会を作りたいです」とすみれ。

「なんだかわくわくするね」と二人は言って笑った。

また剛太郎は、大造と照(いしのようこ)と茶室にいた。

「剛太郎くん、先日話した理事長就任の件、本気で考えてくれたか?」と大造。

「はい、微力ながら力を尽くさせていただきたいと思います」と剛太郎。

「それでは本格的にわたしからの権限を譲る手続きを始めてもらいたい」と剛太郎。

「はい」と照。

「それと平行して剛太郎くん理事長就任の報告会を行いたい。」と大造。

「家元、そんなにお急ぎになることはないのでは」と剛太郎。

「わたしは家元ではない、家元はまき一人となる。剛太郎くんは家元としてのまきを支えてやってほしい。わたしは引退して完全に枝川流の表から姿を消そうと思ってる。」と大造。

「どういうことですか」と剛太郎。

「わざわざそんなことはしなくても時が来ればわたしはこの世からいなくなる。だが幸い今のわたしは健康そのものだ。」と大造。

「だったらなぜ?」と剛太郎。

「元気だからこそ、万が一まきと剛太郎くんに託した枝川流が窮地に陥ったときに支えることができる。」と大造。

「旦那さまは山頭火のような放浪の旅に出られ、遠くから枝川流をお守りになるおつもりなんです」と照。

「周りの人間にはわたしが山頭火に憧れ旅に出たと思わせておくことにする。そうするとわたしがいないのをこれ幸いとまきと剛太郎くんの枝川流に付け入ってくる輩はきっと現れる。」と大造。

「旦那さまはまきさまと剛太郎さまの作る枝川流をお守りになるお覚悟なんです」と照。

「お父様、大きな心、誠に敬服いたします。何事に変えても枝川剛太郎、18代目家元まきさんと枝川流をお守りすることをお誓い申し上げます。」と剛太郎。

「よろしく頼んだよ」と大造。

スポンサードリンク

そうして、食事の準備ができ、食事会が始まった。

「本日は遠藤里子さん春子さんに日頃の感謝の思いを込めて食事会を行いたいと思います。」と大造。

「枝川家と遠藤家の末永いお付き合いをお祈りして」とみんなで乾杯をした。

大造は来週の剛太郎の理事長就任報告会についてまきに話した。

「まきさん剛太郎さんおめでとうございます」と里子。

「これからは家族ぐるみでよろしくお願いします」と剛太郎。

「よろしくお願いします」と里子。

アミューズが運ばれてきた。

フルーツトマトのコンポートレモンゼリー寄せ帆立貝のタルタル仕立て、だった。

一方、スナック順子では…

「そういえばこちらに遠藤里子さんと春子ちゃんという親子がお住まいだとお聞きしたんですが今日はいらっしゃいますか?」と藤村。

「里子姉ちゃんたちは茶道枝川流家元のお宅でしばらく住み込みで働くことになったのでここにはいないんです。里子姉ちゃん、常滑焼の宮崎工房ではたらいていたんですが工房のご主人の原因は自分たちにあるんじゃないかって突然言い出してやめちゃったんです。」と順子。

「やっぱりそうだったのか」と藤村。

「やっぱり?ってお客さん宮崎工房のご関係の方ですか?弟子が窯焚きってことは…宮崎先生のご師匠さん?そうだったんだ!あ、でも宮崎先生窯焚きを始めたってことはやっぱりスランプの原因は里子姉ちゃんたちだったんですか?」と順子。

「それは全く関係ない。あいつのスランプの原因は別のところにある。そこで、あなたにお願いがある。遠藤さんたちはスランプの原因なんかじゃないんだから宮崎工房に戻ってやってほしいと伝えてくれないかね?」と藤村。

「里子お姉ちゃん枝川家で働き始めたばっかりなのですぐには無理かもしれませんけど、でも、必ず伝えます。」と順子。

そのころ、宮崎はようやく火に勢いが出てきたところだった。

「この勢いだと、朝には1000℃を超えるぞ。これから3日3晩が勝負だ」と宮崎はつぶやいた。

作業にあけくれていると、藤村からの差し入れのおにぎりと手紙が届いていた。

手紙には「頑張れ」と書いてあった。

スポンサードリンク

そのころ、枝川家では…フルコースの8品目まできていた。

鴨肉のロティだった。

「フルコースってすごいね」と春子。

「お肉料理を食べる前に、春子ちゃん何かお歌を歌ってくださらない?」とすみれ。

春子は「それじゃあ歌います。」と言って歌い始める。

♪まいごのまいごのおまわりさん、あなたのおうちはどうこですか・・・・♪

その歌声に剛太郎の中の何かが反応する。

その日の夜、剛太郎は一人であの歌声で何かを思い出そうとしていた…。

そして、そのとき…

あの歌を口ずさむ女性(里子)と赤ちゃん、そして自分を思い出したのだった…。

感想

ついに!剛太郎の記憶がかすかながらに蘇ってきました。

医師もこのまま戻らないと診断した剛太郎の記憶でしたが、あの歌の間違った歌詞が、剛太郎の記憶を呼び戻したのです。

すごいですね、こういうの。

まだ、その記憶の中の女性が里子だってことには気づいてはいないのでしょうが、里子たちとこのまま一緒に暮らしていけば、そういうちょっとした記憶の戻るきっかけがちょこちょこあるのではないでしょうか。

もう時間の問題かもしれないですね。

今まで剛太郎の記憶が戻らなかったのは、本当の剛太郎(というか雄介)の記憶に繋がるきっかけが、生活の中に、会話の中にこれっぽちもなかったからですよね。

もし、里子がそばにいて思い出の話を聞かせてみたり、そんな中で生活をしていたとしたら、もっと早く記憶がもどったかもしれないですよね。

剛太郎は自分の昔の記憶にとても興味があるわけですから、思い出した記憶をスルーはしないはす。

ここから戻ってくる記憶を剛太郎がどう処理していくのか、ですね。

もしかしたら、里子と秘密を共有するのかも。

あのすみれと春子の秘密詩人の会のように…。

嵐の涙関連記事はこちら

 - ドラマ関連, TV・CM・エンタメ, 嵐の涙, 2016冬ドラマ

スポンサードリンク

  関連記事

明日もきっと、おいしいご飯第45話最終回ネタバレあらすじ感想律のわがまま

フジテレビ系(東海テレビ)「明日もきっと、おいしいご飯~銀のスプーン~」。 7月 …

ON ドラマ 藤堂比奈子第2話感想ネタバレあらすじバッグの中身はナイフ

フジテレビ系(関西テレビ)火曜22時「ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子」。 7月 …

家族ノカタチ第1話大介(香取慎吾)がロードバイクで行った神社はココ

TBS系「家族ノカタチ」。 1月17日放送の第1話では、香取慎吾さん演じる大介が …

探偵の探偵Ⅱ松岡圭祐ドラマ化原作小説ネタバレあらすじ感想死神

フジテレビ系木曜日22時「探偵の探偵」。 北川景子さん主演で話題の新ドラマです。 …

便秘解消に食物繊維はダメ?逆効果になる食べ方は?

特に女性を悩ませる便秘。 便秘には食物繊維がいいというのはもう常識で、意識的に摂 …

別れても好きな人第27話ネタバレあらすじ感想めぐみに咲が嫉妬

フジテレビ系(東海テレビ)昼ドラ「別れたら好きな人」。 11月4日放送の第27話 …

表参道高校合唱部第8話ネタバレあらすじ感想快人の告白祐の同性愛

TBS系金曜22時「表参道高校合唱部!」。 9月11日放送の第8話あらすじ感想を …

恋仲第1話ネタバレあらすじ感想福士蒼汰本田翼野村周平二人のアオイ

新・月9は王道ラブストーリー!胸キュン必須の三角関係ラブ フジテレビ系月曜21時 …

下町ロケット第7話ネタバレあらすじ感想ガウディは使命貴船の嫌がらせ

TBS系日曜21時「下町ロケット」。 11月29日放送の第7話あらすじ感想をまと …

IQ246は全何話で最終回の放送日はいつ?視聴率や打ち切りの可能性は?

TBS系日曜21時「IQ246~華麗なる事件簿~」。 11月27日放送の第7話を …