あなたのことはそれほど原作漫画の最新刊・5巻の発売日はいつ?

      2017/05/20

TBS系火曜22時「あなたのことはそれほど(あなそれ)」。

ザワキュンのダブル不倫で話題のドラマですが、このドラマの原作はいくえみ綾さんの同名漫画です。

現在も、FEEL YOUNG(フィールヤング)で連載中のドラマの原作漫画「あなたのことはそれほど/いくえみ綾」の最新刊・5巻の発売日についてお知らせします。

※5巻発売中!→ネタバレはこちら。

あなたのことはそれほど 4巻までの内容をおさらい

美都は涼太との離婚を決意。

有島の子供を妊娠したことを涼太に告げても、涼太はそれでも美都を受け入れ、子供も一緒に育てると言い出します。

ですが、美都はそんな涼太がもう無理で、家を出て、ボロいアパートを契約しました。

有島の子供を妊娠していると思っていて家を出た美都でしたが、契約したアパートの部屋で検査薬をためすと、陰性…

何もなくなってからっぽになった美都。

その一方で、麗華も娘を連れて実家へ帰ることを決意。

麗華は有島の不倫に気づいていたけれど、嘘を突き通してくれず自分から不倫を告白してきたことが耐えられなかったのです。

有島と美都の不倫が、結果として二組の夫婦関係を崩壊してしまったところで4巻は終わっています。

スポンサードリンク

4巻までの発売日をおさらい

1巻の発売日は、2012年11月8日。

2巻の発売日は、2014年7月8日。

3巻の発売日は、2015年10月8日。

4巻の発売日は、2016年10月8日。

基本的に1年~1年数ヶ月に1冊ペースの発売となっています。

フィールヤングは月刊誌なのですが、毎月必ず連載があったわけではなく、不定期連載でしたので、このようなばらつきがあります。

いくえみ綾さん自身、あなたのことはそれほどを連載している期間に、他の漫画も平行して別誌で連載があったりする超多忙人気漫画家さんですので、そのあたりは無理もないのかもしれません。

最新刊・5巻の発売日はいつ?

気になる5巻の発売日は、今までペースですと2017年秋ごろ・・・というところなのですが、なんともう発売日が決定しています!

しかも、なんと!

おどろきの、2017年4月25日。

4巻発売からわずか半年での発売です。

不定期連載だったのに、ドラマ化決定が発表となってからほぼ毎月連載をしていたからですねー。ファンは嬉しいかぎり!

ということですでに予約も始まっていますよ♪

ドラマ化されたりすると、原作漫画の在庫が一気にあちこちでなくなるという現象が最近非常に多いので、確実に読みたい方はご予約をおすすめします。

Amazon
あなたのことはそれほど(5): フィールコミックス

楽天
あなたのことはそれほど(5) [ いくえみ綾 ]

また、ちらっとさきほどご紹介したように、いくえみ綾さんは今、他の作品も連載中。

ココハナで連載中なのが、「G線上のあなたと私 」という作品で、バイオリン教室に通う大人たちの物語です。

[まとめ買い] G線上のあなたと私(マーガレットコミックスDIGITAL)

Cookieで連載中なのが、「太陽が見ている(かもしれないから)」という作品で、こちらは高校生たちの物語です。

[まとめ買い] 太陽が見ている(かもしれないから)(マーガレットコミックスDIGITAL)

その他、スピカでは「私・空・あなた・私」というちょっと複雑な家族の物語を、スピリッツでは、「おやすみカラスまた来てね」という元飲み屋さんの男性がバーを経営する物語を連載しています。

[まとめ買い] 私・空・あなた・私(バーズコミックス スピカコレクション)


おやすみカラスまた来てね。 1 (ビッグコミックス)

いくえみ綾さんの作品は、不器用だけと一生懸命で、いびつだけど憎めなくて…そんな人間がいっぱい登場して、みんな心に何かをかかえていたりして、ちょっと重たい部分もありながらなぜか引き込まれて読んでしまうものばかりで、とても深いです。

他の作品もぜひご覧になってみてください。

まとめ

いくえみ綾さんの漫画「あなたのことはそれほど」の最新刊5巻の発売日は、2017年4月25日に決定です。

おそらく、この連載の続きが、フィールヤング6月号(5月8日発売)に続く…という最近よくある展開ではないかと推測されますので、その先も気になって仕方ない!単行本6巻の発売まで待てない!という方は、フィールヤング(毎月8日発売)をチェックしてください。

この調子で、「あなたのことはそれほど」が不定期連載だったのが、しばらくほぼ毎月連載になるとすれば…6巻の発売が年内の可能性もありますよ♪

5巻のネタバレはこちら。

 - ドラマ関連, TV・CM・エンタメ, 原作, 2017春ドラマ, あなたのことはそれほど