あなたのことはそれほどのネタバレ!原作漫画5巻結末・妊娠や離婚は?

      2017/05/17

TBS系火曜22時「あなたのことはそれほど(あなそれ)」。

波留×東出昌大、仲里依紗×鈴木伸之でおくるW不倫が話題となっています。

このドラマの原作本である、いくえみ綾「あなたのことはそれほど」の最新刊・5巻が2017年4月25日に発売となりました。

ということで、ここでは、「あなたのことはそれほど」5巻の、ネタバレ、あらすじや結末をまとめています。


あなたのことはそれほど 5 [ いくえみ 綾 ]

原作漫画1巻~4巻までのネタバレはこちら。

あなそれ試し読みしてみる?

「あなたのことはそれほど」原作漫画5巻(最新刊)のあらすじ

子供は親を選んでくるんだって

美都は、涼太の家を出て自分でアパートを借りた。

しかし、そこで妊娠検査薬を試してみたところ、妊娠はしていなかった。

美都は夢を見た。

母親と女の子。

母親は女の子の世話をろくにしていない。

「子供は親を選んでくるんだって。だからあんたはわたしを選んできたんだ。あはは!バカだねー。産まれてきたからには自己責任だよ、わかった?」

美都が目をさます。

母親にあんなことを言われたのか記憶が定かではないし、こんな夢を過去にみたことがあるのかさえもよくわからなくなってしまう。

美都はコンビニへ。

夢のことを考えていると、子供に自分は選ばれなかったんだ…という気分になる。

でも実際のところ、のぞんでいたわけでもなく、選ばれなくてよかったという思いもある。

あの夢の大人の女性が自分だったのではないかとも思い始めた。

あんなひどい親にならずに済んだんだ…

しかし、美都の考えは不安定に揺れ、子供に「わたしを選べよ!!」と思ってしまったりもして…

コンビニの帰り道、公園のベンチにする美都の心はあらんでいた。

誰にも選んでもらえなかった自分、自分はひとりだ…

美都は泣いていた。

何の涙なのかさえもよくわからないが泣いていた。

スポンサードリンク

麗華の家出

その日有島は送別会だった。

麗華に「送別会だから遅くなる」とLINEを入れた。

会社をやめる女性は、結婚退職だ。

授かり婚ではないらしいが、子供はほしい様子で、「子供は親を選んでくるって言いますよね」と話した。

その女性のめいっこは「パパとママがすっごくやさしそうでおもしろそうだったから、ここにくるってぴゅーってきたんだよ」と話していたらしい。

有島はそのエピソードに胸をうたれた。

送別会が終わり、「帰ります」とLINEをする。

麗華は有島のLINEを読みもしていない。

有島が帰宅すると、部屋の電気は消えていた。

そればかりか、テーブルには「実家に帰ります」との書き置きがあった。

有島は大慌てで麗華に電話をかける。

麗華は出た。

「迎えにいく!」と有島。

「あせりすぎでしょう、せっかく出てきたのに。今あなたに勢いで迎えに来られてもとても帰る気にはなれません」と麗華は敬語で言った。

麗華は怒ると敬語になるのだ。

「わたしがこわい?」と麗華。

有島は「こわいです。いなくなることがこわいです」と言った。

「おやすみなさい」と麗華は言って、電話は切れた。

そのやりとりを見ていた麗華の母親は「あんたはいつも冷静で正しいね、光軌さんも大変だ」と言った。

麗華は「正しくて悪いの?わたしは母さんみたいになりたくないの、反面教師だと思ってる」と言った。

翌日。

有島に美都から連絡が入った。

美都は有島に妊娠騒動の顛末を教えてあげようかと思っていたのだが、有島は電話には出なかった。

有島が会社にも行かず公園で落ち込んでいる様子を、偶然とおりかかった星野は見ていた。

涼太からのLINE

美都はひとりで焼肉を食べていた。

生きるために、食べる、そう考えていたからだ。

涼太からLINEがきた。

美都は妊娠していなかったことを伝えた。

涼太のLINEは自分の行動を反省している文面と、美都のことを心配する内容、自分もひとりでがんばっていくという内容だった。

「離婚届は郵送してくれたら提出しておく」とも書いてあった。

美都はそのあっさりした内容に拍子抜けした。

そして、役所へ離婚届を貰いに行き、記入した。

離婚届けを書くのはこれで3回目だった。

美都は有島とのことを後悔なんてしていなかった。

不倫をしたのは有島も同じだったが、有島は後悔している。

それが、美都と有島の大きな違いなのだった。

スポンサードリンク

有島、麗華を迎えに

有島は会社を休み、麗華を迎えに行くことに。

麗華のおばあちゃんの入院する病院へ。

麗華と無事に会えたのだが、麗華は有島に冷たい態度を示した。

荷物を持とうとするも、「いいですから」と拒否される。

「俺はばいきんか?」と有島。

「そうみえた?」と麗華。

「亜胡しゃ見てたら」と有島。

「そう、ならそうなんでしょうね」と麗華は去っていく。

有島は麗華をよびとめて「反省している。どうしたら許してくれる?土下座でもなんでもする」と言った。

麗華は「やめて、そんな情けないことしたら一生許さない。今は離れていたいんです」と言った。

有島は、1人で自宅へ戻る。

すると、自宅前に星野がいた。

星野は麗華ともずっと連絡がとれずに心配していると話したが、有島の様子がおかしいことに気づいており様子を見に来たのだ…

美都と杏子の中学時代~

美都と杏子は中学生のころ、同じクラスだった。

あるとき、美都が女子に囲まれていた。

美都がある女子の彼氏をとったとかとらないとかいう話だ。

しかし、美都はその女子のことを知らなかったし、その男子がその女子の彼氏だとも知らなかった。

ただ告白されただけで、断ったし、興味もないし、そのことに関して、他の人は関係ないから黙ってて…美都は囲んでいた女子にあっけらかんとそう言ったのだ。

杏子はそんな美都にたいして、思わず拍手をしてしまった。

それをきっかけにして2人は仲良くなった。

美都はそのころから有島が好きだったが、「無視されてんの。せつない」と言って笑っていた。

一緒の高校へ行くつもりだったが、杏子と美都は別々の高校へ。

それでも、2人はずっと仲良しだった。

あるとき、2人はナンパされた。

杏子は相手にしなかったが美都はその男について行こうとしていた。

杏子が叱ると「だって、…似てたから」と言った。

涼太と美都の離婚

美都は考えていた。

涼太は離婚届を出しておいてくれると言った。

これを信用していいのかわからない。

ひとまず信用することにして、涼太に離婚届を送った。

スポンサードリンク

涼太と杏子

涼太は杏子を飲みに誘った。

涼太は杏子に離婚騒動で迷惑をかけたことを謝罪し、せっかく杏子から連絡をもらっても無視してしまったことも謝罪した。

涼太が杏子を呼び出した理由は、離婚届の証人になってもらうためだった。

杏子は了承し、サインをしてくれた。

涼太は離婚について「みっちゃんの要望ですから」と言って、笑った。

杏子は離婚届を見て気づいた。

涼太の誕生日は明日だ。

「これがみっちゃんから僕への誕生日プレゼントですよ、ひどい女でしょう?」と涼太は言った。

涼太の誕生日

翌日。

涼太から、「離婚届の記載が終わりました。役所に提出しておきますね」と美都にLINEがきた。

ちょうどお昼休みだったので、美都は返信した。

「わがまま言ってすいません。…お誕生日おめでとうございます」

すぐに涼太から電話がかかってきた。

「がっかりしたでしょう?妊娠してなくて」と涼太。

「あたしは元気です」と美都。

涼太は最後に、とその日美都を食事に誘った。

2人が待ち合わせたのは、屋台のおでん屋さんだった。

思い出がないところのほうがいいからと涼太が決めたのだ。

「離婚記念日に、そして誕生日に」と2人は乾杯をする。

涼太は、離婚届の証人に、杏子と母親にサインをしてもらったと話した。

美都は「バカじゃないの?」と言う。

「バカは君だよ。そして君を手放すことになった僕もバカ…やり直したいなできることなら。病院のあの待合室から。初めてのあのカフェから。僕の部屋から。でもわかってるよ。無理だってことは」

涼太はそう言った。

美都は、誕生日だからと涼太に情けをかけて油断したことを後悔した。

そのとき杏子からLINEが入った。

杏子は離婚届にサインをしたことを報告してきた。

「あの人ちょっとこわいね」

杏子のLINEには涼太のことがそう書いてあった。

涼太は、部屋の模様替えをしていると笑って話した。

「きっとみっちゃんの知らない部屋になるから、遊びにきてよ」と…。

====6巻に続く====


[まとめ買い] あなたのことはそれほど(FEEL COMICS)

↓TBSのドラマをもう一度見たい方は↓
U-NEXT

 - ドラマ関連, TV・CM・エンタメ, 原作, 2017春ドラマ, あなたのことはそれほど