99.9第3話ネタバレあらすじ感想熊本大分応援メッセージ

      2017/01/06

TBS系日曜21時「99.9刑事専門弁護士」。

5月1日放送、第3話のあらすじと感想をまとめています。

第3話 あらすじ

窃盗を疑われ、刑事に厳しく詰問を受ける女性・吉田果歩(山下リオ)。

本人は無罪を主張していますが、果歩が経理を担当している会社のお金がなくなったという事件で起訴されているのです。

果歩の母親(麻生祐未)から依頼が来て、弁護を受けることになりますが、女性の話は女性が聞いたほうがいいと立花(榮倉奈々)は自分が担当になると名乗り出ます。

まず、事件の概要は、果歩の務める会社の金庫からお金がなくなったという事件。

金庫を開けられるのは、社長、専務、経理担当の果歩で、事件の日、社長と専務は出張に行っていて、事実上金庫を開けられるのは果歩だけだったと言います。

さらに、家宅捜索で果歩のカバンから金庫にあった封筒が見つかり、家の押入れから1500万円が見つかったのだと言います。

限りなくクロに近いこの状況から、ひっくり返すことができるのでしょうか?

果歩の接見に来た立花と深山(松本潤)。

果歩の母親に頼まれて、前の弁護士から弁護を引き継いだということを伝えると、果歩は「私には母はいない。あんな女には助けてもらいたくない。」と立花たちの弁護を断ってしまうのでした。

昔、果歩の父親は、仕事をしなく借金を抱え、さらに母親に暴力までふるっていたため、母親は家を出たのです。

その後、父親がいなくなり果歩が養護施設に入れられたと知ったときには、もう母親には新しい家族ができていました。

新しい家族が壊れるのを恐れて、母親はそのとき果歩を引き取りませんでした。

しかし、自分が病気になって、もう先はないと思ったときに、無性に娘に会いたくなって養護施設に連絡をとったところ、こんな事件を起こしたことを知り、どうしても助けてあげたいと思ったのだと言います。

スポンサードリンク

深山は、果歩の会社を訪れます。

出張前、社長と専務が金庫を確認したときに、お金があることは確認済みでしたが、出張から帰るとお金がなくなっていたのだそうです。

その場で、金庫を開けてもらうように深山は頼みますが、専務は暗証番号を忘れて開けられません。

暗証番号について聞いてみると、暗証番号は毎月社長が変えていて、それを専務と果歩に教えていました。

そのやり方は、ランダムな4桁の数字を2種類書いて、その紙を二人に見せます。

その場で二つの数字を足した数字を覚えてもらって、書き写したりはしないようにしていました。

直近に暗証番号を変えたのは、出張の前日だと言います。

深山と立花は、果歩の大家さんに話を聞きに行きます。

大家さんは、果歩はあまり夜は部屋におらず、その代わりに朝の3時頃に帰ってくるのをよく見かけたと証言します。

ワンボックスから、女性と一緒に降りてくるのを見たのだそうです。

そして、その場所で張り込みをする深山と立花。

すると、そこにワンボックスが停まり女性が降りてきます。

その女性に話を聞いてみると、果歩と同じ店で働いていたそうで、その仕事とは風俗でした。

だからお金の出どころについては、話したがらなかったのです。

これで果歩がどうやって大金を貯めていたかという謎は解けたものの、どうして風俗までしてこんな大金を貯めていたのか、使い道についてはわかっていません。

今度は、立花は一人で果歩のところにやってきました。

風俗で働いていたことを確認する立花ですが、果歩は認めず話しをする姿勢ではありません。

スポンサードリンク

そして、果歩の出身の施設にやってきた深山と立花。

施設の先生は、「果歩がはとてもお金を大切にする子だった。」と言います。

そして、果歩の荷物を見せてもらうと、三角屋根の家の絵がたくさん出てきます。

果歩は、「お母さんと一緒に住むんだ」と、よく夢を語っていたのだそうです。

果歩の会社の私物にあった三角屋根の家のパンフレットとこの絵から、果歩が母親と一緒に家を買うために、お金を貯めていたのだとわかった立花。

立花は、「口止めされていたけれど、言うべきだと思うから言います。」と、母親がガンで余命1ヶ月だということを果歩に話します。

そして、母親からの手紙を読みます。

あなたがそこにいることの責任は私にあります。

私があなたを置いて逃げなければ、こんなことにはならなかったでしょう。

本当にごめんなさい。

覚えていますか、小さい頃にした約束を。

近くに大きな三角屋根の家があって、いつかこんな家で一緒に暮らそうねって言ったことを、今も鮮明に覚えています。

少しずつ貯めたお金を弁護士さんに預けました。あなたはあなたの家族を見つけて、そのお金で夢だった大きな家に住んでください。

あなたにはこれからがある。

家族のために無罪を勝ち取って、これからの人生を笑顔で暮らしてください。

それが、私にとって一番の幸せです。

あなたのことを愛しています。

がんばって、果歩。

ページ: 1 2

 - ドラマ関連, TV・CM・エンタメ, 2016春ドラマ, 99.9刑事専門弁護士